Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.2. テンプレートサービスブローカーのインストール

テンプレートサービスブローカーをインストールし、これが提供するテンプレートアプリケーションへのアクセスを取得します。

重要

テンプレートサービスブローカーは OpenShift Container Platform 4 では非推奨になっています。同等または強化された機能は Operator Framework および Operator Lifecycle Manager (OLM) で提供されます。

3.2.1. 前提条件

3.2.2. テンプレートサービスブローカーについて

テンプレートサービスブローカー は、サービスカタログに対し、初期リリース以降 OpenShift Container Platform に同梱されるデフォルトのインスタントアプリケーションおよびクイックスタートテンプレートを可視化します。さらにテンプレートサービスブローカーは、Red Hat、クラスター管理者、またはユーザーないしはサードパーティーベンダーのいずれかが作成する OpenShift Container Platform テンプレートのいずれのコンテンツもサービスとして利用可能にすることができます。

デフォルトで、テンプレートサービスブローカーは openshift プロジェクトからグローバルに利用できるオブジェクトを表示します。また、これはクラスター管理者が選択する他のプロジェクトを監視するように設定することもできます。

テンプレートサービスブローカーは、OpenShift Container Platform 4 ではデフォルトでインストールされません。

3.2.3. テンプレートサービスブローカー Operator のインストール

前提条件

  • サービスカタログがインストールされていること。

手順

以下の手順では、Web コンソールを使用してテンプレートサービスブローカー Operator をインストールします。

  1. namespace を作成します。

    1. Web コンソールで AdministrationNamespaces に移動し、Create Namespace をクリックします。
    2. Name フィールドに openshift-template-service-broker を入力し、Create をクリックします。

      注記

      namespace は openshift- で開始する必要があります。

  2. OperatorsOperatorHub ページに移動します。openshift-template-service-broker プロジェクトが選択されていることを確認します。
  3. Template Service Broker Operator を選択します。
  4. Operator についての情報を確認してから、Install をクリックします。
  5. デフォルトの選択を確認し、Subscribe をクリックします。

次に、テンプレートサービスブローカーを起動し、これが提供するテンプレートアプリケーションへのアクセスを取得します。

3.2.4. テンプレートサービスブローカーの起動

テンプレートサービスブローカー Operator のインストール後に、以下の手順でテンプレートサービスブローカーを起動します。

前提条件

  • サービスカタログがインストールされていること。
  • テンプレートサービスブローカー Operator がインストールされていること。

手順

  1. Web コンソールで OperatorsInstalled Operators に移動し、openshift-template-service-broker プロジェクトを選択します。
  2. Template Service Broker Operator を選択します。
  3. Provided APIs で、Template Service Broker について Create New をクリックします。
  4. デフォルトの YAML を確認し、Create をクリックします。
  5. テンプレートサービスブローカーが起動していることを確認します。

    テンプレートサービスブローカーの起動後に、CatalogDeveloper Catalog に移動し、Service Class チェックボックスを選択して利用可能なテンプレートアプリケーションを表示できます。テンプレートサービスブローカーが起動し、テンプレートアプリケーションが利用可能になるまで数分の時間がかかる場合があります。

    これらのサービスクラスが表示されない場合は、以下の項目のステータスを確認できます。

    • テンプレートサービスブローカー Pod のステータス

      • openshift-template-service-broker プロジェクトの WorkloadsPods ページから、apiserver- で起動する Pod のステータスが Running であり、Ready の準備状態であることを確認します。
    • クラスターサービスブローカーのステータス

      • CatalogBroker ManagementService Brokers ページから、template-service-broker サービスブローカーのステータスが Ready であることを確認します。
    • サービスカタログコントローラーマネージャー Pod のログ

      • openshift-service-catalog-controller-manager プロジェクトの WorkloadsPods ページから、それぞれの Pod のログを確認し、Successfully fetched catalog entries from broker のメッセージと共にログエントリーが表示されていることを確認します。