Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

8.4. ビルドのプルーニング

使用年数やステータスによりシステムで不要となったビルドをプルーニングするために、管理者は以下のコマンドを実行できます。

$ oc adm prune builds [<options>]

表8.3 ビルドのプルーニング用の CLI の設定オプション

オプション説明

--confirm

ドライランを実行する代わりにプルーニングが実行されることを示します。

--orphans

ビルド設定が存在せず、ステータスが complete (完了)、failed (失敗)、error (エラー)、または canceled (中止) のすべてのビルドをプルーニングします。

--keep-complete=<N>

ビルド設定基づいて、ステータスが complete (完了) の最後の N ビルドを保持します (デフォルト: 5)。

--keep-failed=<N>

ビルド設定に基づいて、ステータスが failed (失敗)、error (エラー)、または canceled (中止) の最後の N ビルドを保持します (デフォルト: 1)。

--keep-younger-than=<duration>

現在の時間との対比で <duration> より後の新しいオブジェクトはプルーニングしません (デフォルト: 60m)。

プルーニング操作によって削除されるものを確認するには、以下を実行します。

$ oc adm prune builds --orphans --keep-complete=5 --keep-failed=1 \
    --keep-younger-than=60m

プルーニング操作を実際に実行するには、以下を実行します。

$ oc adm prune builds --orphans --keep-complete=5 --keep-failed=1 \
    --keep-younger-than=60m --confirm
注記

開発者は、ビルドの設定を変更して自動ビルドプルーニングを有効にできます。

重要

oc adm prune images [<options>] コマンドを使用してイメージをプルーニングするには、まずレジストリーを公開する必要があります。手順については、「 レジストリーの公開 」を参照してください。