7.3. クラスターロギングの使用による Knative Serving コンポーネントのログの検索

手順

  1. Elasticsearch の仮想化ツール Kibana UI を開くには、 以下のコマンドを使用して Kibana ルートを取得します。

    $ oc -n openshift-logging get route kibana
  2. ルートの URL を使用して Kibana ダッシュボードに移動し、ログインします。
  3. インデックスが .all に設定されていることを確認します。インデックスが .all に設定されていない場合、OpenShift システムログのみが一覧表示されます。
  4. knative-serving namespace を使用してログをフィルターできます。kubernetes.namespace_name:knative-serving を検索ボックスに入力して結果をフィルターします。

    注記

    Knative Serving はデフォルトで構造化ロギングを使用します。クラスターロギング Fluentd 設定をカスタマイズしてこれらのログの解析を有効にできます。これにより、ログの検索がより容易になり、ログレベルでのフィルターにより問題を迅速に特定できるようになります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。