10.3. Red Hat OpenShift Serverless テクノロジープレビューリリースノート (1.3.0)

10.3.1. 新機能

  • OpenShift Serverless が Knative Serving 0.10.1 を使用するように更新されました。
  • OpenShift Serverless は Knative Client (kn CLI) 0.10.0 を使用するように更新されました。
  • OpenShift Serverless 1.3.0 は OpenShift Container Platform 4.2 以降のバージョンで利用できます。

10.3.2. 修正された問題

  • ルートで OwnerReferences が複数の namespace に誤って設定されるバグが修正されました。

10.3.3. 既知の問題

  • knative-serving-ingress Service Mesh の一部ではない namespace からプライベートクラスターのローカル Knative サービスに接続すると、i/o timeout で失敗します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。