5.3. OpenShift Container Platform モニタリングスタックの使用による Knative Serving のモニタリング

このセクションでは、OpenShift Container Platform モニタリングツールの使用により Knative Serving Pod の自動スケーリングメトリクスを視覚化する方法例を示します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform モニタリングスタックがインストールされていること。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールに移動し、認証します。
  2. MonitoringMetrics に移動します。
  3. Expression に入力し、Run queries を選択します。Knative Serving Autoscaler Pod をモニターするには、以下のサンプル式を使用します。

    autoscaler_actual_pods

    これで、Knative Serving Autoscaler Pod のモニタリング情報をコンソールで表示できます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。