4.3. Knative サービスの既存の Kubernetes デプロイメントへの接続

Knative サービスは、既存の追加のネットワークバリアがない場合は、namespace で Kubernetes デプロイメントを呼び出すことができます。

Kubernetes デプロイメントは、以下の場合に Knative サービスを呼び出すことができます。

  • Kubernetes デプロイメントは、ターゲットの Knative サービスと同じ namespace に置かれます。
  • Kubernetes デプロイメントは、knative-serving-ingress の ServiceMeshMemberRoll に手動で追加された namespace にあります。
  • Kubernetes デプロイメントでは、ターゲット Knative Service のパブリック URL を使用します。

    注記

    Knative サービスは、デフォルトでパブリック URL を使用してアクセスされます。ターゲット Knative サービスは、パブリック URL を使用してこれを既存の Kubernetes デプロイに接続する場合は、プライベートの cluster-local visibility サービスとして設定することはできません。