第3章 OpenShift Serverless のインストール

重要

サポートされなくなった Red Hat OpenShift Serverless リリースについてのドキュメントです。Red Hat OpenShift Serverless は現在 OpenShift Container Platform 4.3 以降でサポートされています。

重要

OpenShift Serverless は、ネットワークが制限された環境でのインストールに対してテストされておらず、サポートされません。

3.1. クラスターサイズの要件

OpenShift Serverless が正常に実行されるようにクラスターのサイズを適切に設定する必要があります。MachineSet API を使用して、クラスターを必要なサイズにスケールアップすることができます。

最初のサーバーレスアプリケーションを初めて使用する場合は、CPU が 10 つ、メモリーが 40 GB の OpenShift クラスターが最低要件となります。これは、通常 2 つのマシンを追加することによってデフォルト MachineSet のいずれかをスケールアップする必要があることを意味します。

注記

この設定では、要件はデプロイされたアプリケーションによって異なります。デフォルトで、各 Pod は CPU ~400m を要求し、推奨値のベースはこの値になります。特定の推奨例としては、アプリケーションは最大 10 のレプリカにスケールアップできます。アプリケーションの実際の CPU 要求を減らして、さらに境界を引き上げます。

注記

指定された数は、OpenShift クラスターのワーカーマシンのプールにのみ関連します。マスターノードは一般的なスケジューリングには使用されず、省略されます。

OpenShift Container Platform でのロギング、モニタリング、メータリングおよびトレーシングなどの高度なユースケースの場合は、追加のリソースをデプロイする必要があります。このようなユースケースで推奨される要件は 24 vCPU および 96GB メモリーです。

追加リソース

MachineSet API の使用についての少佐いは、「MachineSet の作成」を参照してください。

3.1.1. MachineSet の手動によるスケーリング

MachineSet のマシンのインスタンスを追加したり、削除したりする必要がある場合、MachineSet を手動でスケーリングできます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターおよび oc コマンドラインをインストールします。
  • cluster-admin パーミッションを持つユーザーとして、oc にログインします。

手順

  1. クラスターにある MachineSet を表示します。

    $ oc get machinesets -n openshift-machine-api

    MachineSet は <clusterid>-worker-<aws-region-az> の形式で一覧表示されます。

  2. MachineSet をスケーリングします。

    $ oc scale --replicas=2 machineset <machineset> -n openshift-machine-api

    または、以下を実行します。

    $ oc edit machineset <machineset> -n openshift-machine-api

    MachineSet をスケールアップまたはスケールダウンできます。新規マシンが利用可能になるまで数分の時間がかかります。

    重要

    デフォルトで、OpenShift Container Platform ルーター Pod はワーカーにデプロイされます。ルーターは Web コンソールなどの一部のクラスターリソースにアクセスすることが必要であるため、 ルーター Pod をまず再配置しない限り、ワーカー MachineSet を 0 にスケーリングできません。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。