3.3. Knative Serving のインストール

OpenShift Serverless Operator を使用して Knative Serving をインストールするには、KnativeServing オブジェクトを作成する必要があります。

重要

サンプル YAML に示されるように、KnativeServing オブジェクトを knative-serving namespace に作成する必要があります。そうでない場合、これは無視されます。

サンプル serving.yaml

apiVersion: v1
kind: Namespace
metadata:
 name: knative-serving
---
apiVersion: operator.knative.dev/v1alpha1
kind: KnativeServing
metadata:
 name: knative-serving
 namespace: knative-serving

前提条件

  • クラスター管理者アクセスのあるアカウント
  • OpenShift Serverless Operator がインストールされていること。

手順

  1. 以下を使用して、サンプル YAML ファイルを serving.yaml にコピーし、これを適用します。

    $ oc apply -f serving.yaml
  2. 以下のコマンドを使用して、インストールが完了したことを確認します。

    $ oc get knativeserving.operator.knative.dev/knative-serving -n knative-serving --template='{{range .status.conditions}}{{printf "%s=%s\n" .type .status}}{{end}}'

    結果は以下のようになります。

    DeploymentsAvailable=True
    InstallSucceeded=True
    Ready=True

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。