第4章 Knative サービスの使用開始

Knative サービスは、ユーザーがサーバーレスアプリケーションをデプロイするために作成する Kubernetes サービスです。各 Knative サービスは、ルートおよび .yaml ファイルに含まれる設定によって定義されます。

4.1. Knative サービスの作成

サービスを作成するには、service.yaml ファイルを作成する必要があります。

以下のサンプルをコピーできます。このサンプルは helloworld-go というサンプルの golang アプリケーションを作成し、このサンプルを使用してそのアプリケーションのイメージを指定することができます。

apiVersion: serving.knative.dev/v1alpha1 1
kind: Service
metadata:
  name: helloworld-go 2
  namespace: default 3
spec:
  template:
    spec:
      containers:
        - image: gcr.io/knative-samples/helloworld-go 4
          env:
            - name: TARGET 5
              value: "Go Sample v1"
1
Knative の現行バージョン
2
アプリケーションの名前
3
アプリケーションが使用する namespace
4
アプリケーションのイメージへの URL
5
サンプルアプリケーションで出力される環境変数