第4章 Knative サービスの使用開始

重要

サポートされなくなった Red Hat OpenShift Serverless リリースについてのドキュメントです。Red Hat OpenShift Serverless は現在 OpenShift Container Platform 4.3 以降でサポートされています。

Knative サービスは、ユーザーがサーバーレスアプリケーションをデプロイするために作成する Kubernetes サービスです。各 Knative サービスは、ルートおよび .yaml ファイルに含まれる設定によって定義されます。

4.1. Knative サービスの作成

サービスを作成するには、service.yaml ファイルを作成する必要があります。

以下のサンプルをコピーできます。このサンプルは helloworld-go というサンプルの golang アプリケーションを作成し、このサンプルを使用してそのアプリケーションのイメージを指定することができます。

apiVersion: serving.knative.dev/v1alpha1 1
kind: Service
metadata:
  name: helloworld-go 2
  namespace: default 3
spec:
  template:
    spec:
      containers:
        - image: gcr.io/knative-samples/helloworld-go 4
          env:
            - name: TARGET 5
              value: "Go Sample v1"
1
Knative の現行バージョン
2
アプリケーションの名前
3
アプリケーションが使用する namespace
4
アプリケーションのイメージへの URL
5
サンプルアプリケーションで出力される環境変数