6.2. Knative Serving メータリングのデータソース

以下の ReportDataSources は、Knative Serving を OpenShift Container Platform メータリングで使用する方法についての例です。

6.2.1. Knative Serving での CPU 使用状況のデータソース

このデータソースは、レポート期間における Knative サービスごとに使用される累積された CPU の秒数を示します。

YAML ファイル

apiVersion: metering.openshift.io/v1alpha1
kind: ReportDataSource
metadata:
  name: knative-service-cpu-usage
spec:
  prometheusMetricsImporter:
    query: >
      sum
          by(namespace,
             label_serving_knative_dev_service,
             label_serving_knative_dev_revision)
          (
            label_replace(rate(container_cpu_usage_seconds_total{container_name!="POD",container_name!="",pod_name!=""}[1m]), "pod", "$1", "pod_name", "(.*)")
            *
            on(pod, namespace)
            group_left(label_serving_knative_dev_service, label_serving_knative_dev_revision)
            kube_pod_labels{label_serving_knative_dev_service!=""}
          )

6.2.2. Knative Serving でのメモリー使用状況のデータソース

このデータソースは、レポート期間における Knative サービスごとの平均メモリー消費量を示します。

YAML ファイル

apiVersion: metering.openshift.io/v1alpha1
kind: ReportDataSource
metadata:
  name: knative-service-memory-usage
spec:
  prometheusMetricsImporter:
    query: >
      sum
          by(namespace,
             label_serving_knative_dev_service,
             label_serving_knative_dev_revision)
          (
            label_replace(container_memory_usage_bytes{container_name!="POD", container_name!="",pod_name!=""}, "pod", "$1", "pod_name", "(.*)")
            *
            on(pod, namespace)
            group_left(label_serving_knative_dev_service, label_serving_knative_dev_revision)
            kube_pod_labels{label_serving_knative_dev_service!=""}
          )

6.2.3. Knative Serving メータリングのデータソースの適用

以下のコマンドを使用して、ReportDataSources を適用することができます。

$ oc apply -f <datasource-name>.yaml

$ oc apply -f knative-service-memory-usage.yaml