第7章 OpenShift Serverless を使用したクラスターロギング

重要

サポートされなくなった Red Hat OpenShift Serverless リリースについてのドキュメントです。Red Hat OpenShift Serverless は現在 OpenShift Container Platform 4.3 以降でサポートされています。

7.1. クラスターロギングについて

OpenShift Container Platform クラスター管理者は、いくつかの CLI コマンドを使用してクラスターロギングをデプロイでき、OpenShift Container Platform Web コンソールを使用して Elasticsearch Operator および Cluster Logging Operator をインストールできます。Operator がインストールされている場合、クラスターロギングのカスタムリソース (CR) を作成してクラスターロギング Pod およびクラスターロギングのサポートに必要な他のリソースをスケジュールします。Operator はクラスターロギングのデプロイ、アップグレード、および維持を行います。

クラスターロギングは、instance という名前のクラスターロギングのカスタムリソース (CR) を変更することで設定できます。CR は、ログを収集し、保存し、視覚化するために必要なロギングスタックのすべてのコンポーネントを含む完全なクラスターロギングデプロイメントを定義します。Cluster Logging Operator は ClusterLogging カスタムリソースを監視し、ロギングデプロイメントを適宜調整します。

管理者およびアプリケーション開発者は、表示アクセスのあるプロジェクトのログを表示できます。