第1章 OpenShift Container Platform 4.2 リリースノート

Red Hat OpenShift Container Platform では、設定や管理のオーバーヘッドを最小限に抑えながら、セキュアでスケーラブルなリソースに新規および既存のアプリケーションをデプロイするハイブリッドクラウドアプリケーションプラットフォームを開発者や IT 組織に提供します。OpenShift Container Platform は、Java、Javascript、Python、Ruby および PHP など、幅広いプログラミング言語およびフレームワークをサポートしています。

Red Hat Enterprise Linux および Kubernetes にビルドされる OpenShift Container Platform は、エンタープライズレベルの最新アプリケーションに対してよりセキュアでスケーラブルなマルチテナント対応のオペレーティングシステムを提供するだけでなく、統合アプリケーションランタイムやライブラリーを提供します。OpenShift Container Platform を使用することで、組織はセキュリティー、プライバシー、コンプライアンス、ガバナンスの各種の要件を満たすことができます。

1.1. 本リリースについて

Red Hat OpenShift Container Platform (RHBA-2019:2921) をご利用いただけるようになりました。本リリースでは、CRI-O ランタイムで Kubernetes 1.14 を使用します。以下では、OpenShift Container Platform 4.2 に関連する新機能、変更点および既知の問題について説明します。

OpenShift Container Platform 4.2 クラスターは https://cloud.redhat.com/openshift でご利用いただけます。OpenShift Container Platform 向けの Red Hat OpenShift Cluster Manager アプリケーションを使って、OpenShift クラスターをオンプレミスまたはクラウド環境のいずれかにデプロイすることができます。

OpenShift Container Platform 4.2 は、Red Hat Enterprise Linux 7.6 以降、および Red Hat Enterprise Linux CoreOS 4.2 でサポートされます。

コントロールプレーンまたはマスターマシンには Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) を使用する必要があり、コンピュートまたはワーカーマシンには RHCOS または Red Hat Enterprise Linux 7.6 以降のいずれかを使用できます。

重要

コンピュートマシン用にサポートされているのは Red Hat Enterprise Linux バージョン 7.6 以降であるため、Red Hat Enterprise Linux コンピュートマシンをバージョン 8 にアップグレードすることはできません。