1.3. アプリケーションワークロードの OpenShift Container Platform 3.7 から 4.2 への移行

アプリケーションワークロードを、Cluster Application Migration (CAM) ツールを使用して OpenShift Container Platform 3.7 (以降) から OpenShift Container Platform 4.2 に移行できます。CAM ツールを使用すると、移行を制御し、アプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えることができます。

Kubernetes カスタムリソースをベースとする CAM ツールの Web コンソールおよび API により、namespace の粒度でステートフルなアプリケーションワークロードを移行できます。

オプションで、コントロールプレーン設定の移行に役立つ Control Plane Migration Assistant (CPMA) を使用できます。

重要

移行を開始する前に、移行計画についての情報を確認してください。

1.3.1. 移行の前提条件

  • ソースクラスターは OpenShift Container Platform 3.7、3.9、3.10、または 3.11 であること。
  • podman がインストールされていること。
  • すべてのクラスターで cluster-admin 権限があること。
  • ソースおよびターゲットクラスターには、レプリケーションリポジトリーへの無制限のネットワークアクセスがなければなりません。
  • Migration コントローラーがインストールされているクラスターには、他のクラスターへの無制限のアクセスが必要です。
  • アプリケーションが openshift namespace のイメージを使用する場合、イメージの必要なバージョンがターゲットクラスターにある必要がある。

    必要なイメージがない場合は、アプリケーションと互換性のある利用可能なバージョンを使用するように imagestreamtags 参照を更新する必要があります。imagestreamtag を更新できない場合、同等のイメージをアプリケーション namespace に手動でアップロードし、それらを参照するようにアプリケーションを更新できます。

    以下の imagestreamtag は OpenShift Container Platform 4.2 から 削除 されています。

    • dotnet:1.0dotnet:1.1dotnet:2.0
    • dotnet-runtime:2.0
    • mariadb:10.1
    • mongodb:2.4mongodb:2.6
    • mysql:5.5mysql:5.6
    • nginx:1.8
    • nodejs:0.10nodejs:4, nodejs:6
    • perl:5.16perl:5.20
    • php:5.5php:5.6
    • postgresql:9.2postgresql:9.4postgresql:9.5
    • python:3.3python:3.4
    • ruby:2.0ruby:2.2

1.3.2. Cluster Application Migration ツールについて

Cluster Application Migration (CAM) ツールを使用すると、CAM Web コンソールまたは Kubernetes API を使用して Kubernetes リソース、永続ボリュームデータ、および内部コンテナーイメージを OpenShift Container Platform ソースクラスターから OpenShift Container Platform 4.2 ターゲットクラスターに移行できます。

CAM Web コンソールを使用してアプリケーションを移行するには、以下の手順が必要です。

  1. Cluster Application Migration Operator をすべてのクラスターにインストールします。

    注記

    Cluster Application Migration Operator はデフォルトで CAM ツール(CAM Web コンソールおよび Migration コントローラー)をターゲットクラスターにインストールします。CAM ツールは OpenShift Container Platform 3 およびリモートクラスターにインストールできます

  2. CAM ツールがデータ移行に使用する中間オブジェクトストレージであるレプリケーションリポジトリーを設定します。
  3. ソースクラスターを CAM Web コンソールに追加します。
  4. レプリケーションリポジトリーを CAM Web コンソールに追加します。
  5. 以下のデータ移行オプションのいずれかを使用して、移行計画を作成します。

    • Copy: CAM ツールは、データをソースクラスターからレプリケーションリポジトリーにコピーし、レプリケーションリポジトリーからターゲットクラスターにコピーします。

      PV コピーの移行
    • Move: CAM ツールはリモートボリューム (NFS など) をソースクラスターからアンマウントし、リモートボリュームをポイントするターゲットクラスターで PV リソースを作成し、その後にリモートボリュームをターゲットクラスターにマウントします。ターゲットクラスターで実行されているアプリケーションは、ソースクラスターが使用していたものと同じリモートボリュームを使用します。リモートボリュームは、ソースクラスターおよびターゲットクラスターからアクセスできる必要があります。

      注記

      レプリケーションリポジトリーはこの図には表示されていませんが、実際の移行には必要になります。

      移行 PV の移動
  6. 以下のオプションのいずれかを使用して、移行計画を実行します。

    • Stage (オプション) は、アプリケーションを停止せずにデータをターゲットクラスターにコピーします。

      ステージングは、移行前にほとんどのデータがターゲットにコピーされるように複数回実行することができます。これにより、実際の移行時間やアプリケーションのダウンタイムが最小限に抑えられます。

    • Migrate は、ソースクラスターでアプリケーションを停止し、ターゲットクラスターでそのリソースを再作成します。オプションで、アプリケーションを停止せずにワークロードを移行できます。
OCP 3 から 4 のアプリケーション移行