2.4. インストールの検証

メータリングのインストールを確認するには、必要な Pod すべてが作成されていること、またレポートデータソースがデータのインポートを開始していることを確認できます。

手順

  1. メータリング namespace で WorkloadsPods に移動し、Pod が作成されていることを確認します。これには、メータリングスタックをインストールしてから数分の時間がかかることがあります。

    oc CLI を使用して同じチェックを実行できます。

    $ oc -n openshift-metering get pods
    NAME                                  READY   STATUS              RESTARTS   AGE
    hive-metastore-0                      1/2     Running             0          52s
    hive-server-0                         2/3     Running             0          52s
    metering-operator-68dd64cfb6-pxh8v    2/2     Running             0          2m49s
    presto-coordinator-0                  2/2     Running             0          31s
    reporting-operator-56c6c878fb-2zbhp   0/2     ContainerCreating   0          4s
  2. Readyが表示されるまで Pod を継続的にチェックします。これには数分の時間がかかる場合があります。多くの Pod は、それらが準備状態にあると見なされる前に機能するために他のコンポーネントに依存する必要があります。一部の Pod には、他の Pod の起動に時間がかかり過ぎる場合に再起動するものがありますが、これが問題になることはなく、インストール時の動作として予想されます。

    oc CLI を使用すると、同じチェックにより以下の様な出力が表示されます。

    $ oc -n openshift-metering get pods
    NAME                                  READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    hive-metastore-0                      2/2     Running   0          3m28s
    hive-server-0                         3/3     Running   0          3m28s
    metering-operator-68dd64cfb6-2k7d9    2/2     Running   0          5m17s
    presto-coordinator-0                  2/2     Running   0          3m9s
    reporting-operator-5588964bf8-x2tkn   2/2     Running   0          2m40s
  3. 次に、oc CLI を使用して ReportDataSource がデータのインポートを開始していることを確認します。これは、 EARLIEST METRIC 列の有効なタイムスタンプによって示唆されます (これには数分の時間がかかる場合があります)。データをインポートしない「-raw」ReportDataSource を除外します。

    $ oc get reportdatasources -n openshift-metering | grep -v raw
    NAME                                         EARLIEST METRIC        NEWEST METRIC          IMPORT START           IMPORT END             LAST IMPORT TIME       AGE
    node-allocatable-cpu-cores                   2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T18:52:00Z   2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T18:52:00Z   2019-08-05T18:54:45Z   9m50s
    node-allocatable-memory-bytes                2019-08-05T16:51:00Z   2019-08-05T18:51:00Z   2019-08-05T16:51:00Z   2019-08-05T18:51:00Z   2019-08-05T18:54:45Z   9m50s
    node-capacity-cpu-cores                      2019-08-05T16:51:00Z   2019-08-05T18:29:00Z   2019-08-05T16:51:00Z   2019-08-05T18:29:00Z   2019-08-05T18:54:39Z   9m50s
    node-capacity-memory-bytes                   2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T18:41:00Z   2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T18:41:00Z   2019-08-05T18:54:44Z   9m50s
    persistentvolumeclaim-capacity-bytes         2019-08-05T16:51:00Z   2019-08-05T18:29:00Z   2019-08-05T16:51:00Z   2019-08-05T18:29:00Z   2019-08-05T18:54:43Z   9m50s
    persistentvolumeclaim-phase                  2019-08-05T16:51:00Z   2019-08-05T18:29:00Z   2019-08-05T16:51:00Z   2019-08-05T18:29:00Z   2019-08-05T18:54:28Z   9m50s
    persistentvolumeclaim-request-bytes          2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T18:30:00Z   2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T18:30:00Z   2019-08-05T18:54:34Z   9m50s
    persistentvolumeclaim-usage-bytes            2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T18:30:00Z   2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T18:30:00Z   2019-08-05T18:54:36Z   9m49s
    pod-limit-cpu-cores                          2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T18:30:00Z   2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T18:30:00Z   2019-08-05T18:54:26Z   9m49s
    pod-limit-memory-bytes                       2019-08-05T16:51:00Z   2019-08-05T18:40:00Z   2019-08-05T16:51:00Z   2019-08-05T18:40:00Z   2019-08-05T18:54:30Z   9m49s
    pod-persistentvolumeclaim-request-info       2019-08-05T16:51:00Z   2019-08-05T18:40:00Z   2019-08-05T16:51:00Z   2019-08-05T18:40:00Z   2019-08-05T18:54:37Z   9m49s
    pod-request-cpu-cores                        2019-08-05T16:51:00Z   2019-08-05T18:18:00Z   2019-08-05T16:51:00Z   2019-08-05T18:18:00Z   2019-08-05T18:54:24Z   9m49s
    pod-request-memory-bytes                     2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T18:08:00Z   2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T18:08:00Z   2019-08-05T18:54:32Z   9m49s
    pod-usage-cpu-cores                          2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T17:57:00Z   2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T17:57:00Z   2019-08-05T18:54:10Z   9m49s
    pod-usage-memory-bytes                       2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T18:08:00Z   2019-08-05T16:52:00Z   2019-08-05T18:08:00Z   2019-08-05T18:54:20Z   9m49s

すべての Pod が準備状態にあり、データがインポートされていることを確認したら、メータリングを使用してクラスターについてのデータを収集し、報告することができます。