6.3. cron 式を使用したクラスター使用状況の測定

レポートの期間を設定する際に cron 式を使用することもできます。以下のレポートは、平日の 9am-5pm の間にクラスターの使用状況を観察して CPU の使用状況を測定します。

クラスターの平日の CPU 使用状況の例

apiVersion: metering.openshift.io/v1
kind: Report
metadata:
  name: cluster-cpu-utilization-weekdays 1
spec:
  query: "cluster-cpu-utilization" 2
  schedule:
   period: "cron"
   expression: 0 0 * * 1-5 3

1
Report の編成を維持するには、他の値のいずれかを変更する場合に Report の名前を変更するようにしてください。
2
ここでクエリーを調整します。cluster-memory-utilization クエリーでクラスターの使用状況を測定することもできます。
3
cron の期間については、通常の cron 式が有効です。