第6章 クラスターログの表示

CLI または OpenShift Container Platform Web コンソールで OpenShift Container Platform クラスターのログを表示できます。

6.1. クラスターログの表示

CLI でクラスターのログを表示できます。

前提条件

  • クラスターロギングおよび Elasticsearch がインストールされていること。

手順

クラスターログを表示するには、以下を実行します。

  1. ログの場所がファイルまたは CONSOLE (stdout) であるかを判別します。

    $ oc -n openshift-logging set env daemonset/fluentd --list | grep LOGGING_FILE_PATH
  2. ログの場所によっては、logging コマンドを実行します。

    • LOGGING_FILE_PATH がファイルを参照する場合、デフォルトで、logs ユーティリティーを Pod が置かれているプロジェクトから使用し、Fluentd ログファイルの内容を出力します。

      $ oc exec <any-fluentd-pod> -- logs 1
      1
      ログコレクター Pod の名前を指定します。logs の前にスペースがあることに注意してください。

      例:

      $ oc exec fluentd-ht42r -n openshift-logging -- logs
    • LOGGING_FILE_PATH=console を使用している場合、ログコレクターはログを stdout/stderr に書き込みます。oc logs [-f] <pod_name> コマンドでログを取得できます (-f はオプション)。

      $ oc logs -f <any-fluentd-pod> -n openshift-logging 1
      1
      ログコレクター Pod の名前を指定します。-f オプションを使用してログに書き込まれている内容をフォローします。

      以下は例になります。

      $ oc logs -f fluentd-ht42r -n openshift-logging

      ログファイルの内容が出力されます。

      デフォルトで、Fluentd はログの末尾または終了部分からログを読み取ります。