8.3. Web 端末の使用

Web コンソールで組み込みコマンドラインターミナルインスタンスを起動できます。この端末のインスタンスは、ockubectlodokntknhelmsubctl など、クラスターと対話するための一般的な CLI ツールと共に事前にインストールされます。また、これには作業しているプロジェクトのコンテキストが含まれ、ユーザーの認証情報を使用してユーザーのログインを自動的に行います。

8.3.1. Web 端末へのアクセス

Web Terminal Operator をインストールすると、Web 端末にアクセスできます。Web 端末を初期化した後に、Web 端末で ockubectlodokntknhelmsubctl などの事前インストールされた CLI ツールを使用できます。ターミナルで実行したコマンドのリストからコマンドを選択して、コマンドを再実行することができます。これらのコマンドは、複数のターミナルセッション間で保持されます。Web 端末を閉じるまで、またはブラウザーウィンドウかタブを閉じるまで、Web 端末は表示されたままになります。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターにアクセスでき、Web コンソールにログインしている。
  • Web Terminal Operator がクラスターにインストールされている。

手順

  1. Web 端末を起動するには、コンソールのマストヘッドにあるコマンドラインターミナルアイコン ( odc wto icon ) をクリックします。Web 端末インスタンスが、Command line terminal ペインに表示されます。このインスタンスは、お使いの認証情報を使用して自動的にログインします。
  2. 現在のセッションでプロジェクトが選択されていない場合は、DevWorkspace CR を作成する必要があるプロジェクトを Project ドロップダウンリストから選択します。デフォルトでは、現在のプロジェクトが選択されます。

    注記
    • DevWorkspace CR は存在しない場合にのみ作成されます。
    • openshift-terminal プロジェクトは、クラスター管理者に使用されるデフォルトのプロジェクトです。別のプロジェクトを選択するオプションはありません。Web Terminal Operator は、DevWorkspace Operator を依存関係としてインストールします。
  3. オプション: 現在のセッションの Web 端末タイムアウトを設定します。

    1. Timeout をクリックします。
    2. 表示されるフィールドにタイムアウト値を入力します。
    3. ドロップダウンリストから、タイムアウト間隔を SecondsMinutesHour、または Milli Seconds から選択します。
  4. オプション: Web 端末で使用するカスタムイメージを選択します。

    1. イメージをクリックします。
    2. 表示されるフィールドに、使用するイメージの URL を入力します。
  5. Start をクリックし、選択したプロジェクトを使用して Web 端末を初期化します。
  6. + をクリックして、コンソールの Web 端末で複数のタブを開きます。