7.3. クラスターへのプラグインのデプロイ

プラグインを OpenShift Container Platform クラスターにデプロイできます。

7.3.1. Docker を使用したイメージのビルド

クラスターにプラグインをデプロイするには、イメージをビルドし、これをイメージレジストリーにプッシュする必要があります。

手順

  1. 以下のコマンドでイメージをビルドします。

    $ docker build -t quay.io/my-repositroy/my-plugin:latest .
  2. オプション: イメージをテストする場合は、以下のコマンドを実行します。

    $ docker run -it --rm -d -p 9001:80 quay.io/my-repository/my-plugin:latest
  3. 以下のコマンドを実行してイメージをプッシュします。

    $ docker push quay.io/my-repository/my-plugin:latest

7.3.2. クラスターへのプラグインのデプロイ

レジストリーに変更を加えたイメージをプッシュした後、プラグインをクラスターにデプロイできます。

手順

  1. プラグインをクラスターにデプロイするには、プラグインの名前を Helm リリース名として Helm チャートを、新しい namespace または -n コマンドラインオプションで指定された既存の namespace にインストールします。次のコマンドを使用して、plugin.image パラメーター内のイメージの場所を指定します。

    $ helm upgrade -i  my-plugin charts/openshift-console-plugin -n my-plugin-namespace --create-namespace --set plugin.image=my-plugin-image-location

    ここでは、以下のようになります。

    n <my-plugin-namespace>
    プラグインをデプロイする既存の namespace を指定します。
    --create-namespace
    オプション: 新しい namespace にデプロイする場合は、このパラメーターを使用します。
    --set plugin.image=my-plugin-image-location
    plugin.image パラメーター内のイメージの場所を指定します。
  2. オプション: charts/openshift-console-plugin/values.yaml ファイルでサポートされている一連のパラメーターを使用して、追加のパラメーターを指定できます。

    plugin:
      name: ""
      description: ""
      image: ""
      imagePullPolicy: IfNotPresent
      replicas: 2
      port: 9443
      securityContext:
        enabled: true
      podSecurityContext:
        enabled: true
        runAsNonRoot: true
        seccompProfile:
          type: RuntimeDefault
      containerSecurityContext:
        enabled: true
        allowPrivilegeEscalation: false
        capabilities:
          drop:
            - ALL
      resources:
        requests:
          cpu: 10m
          memory: 50Mi
      basePath: /
      certificateSecretName: ""
      serviceAccount:
        create: true
        annotations: {}
        name: ""
      patcherServiceAccount:
        create: true
        annotations: {}
        name: ""
      jobs:
        patchConsoles:
          enabled: true
          image: "registry.redhat.io/openshift4/ose-tools-rhel8@sha256:e44074f21e0cca6464e50cb6ff934747e0bd11162ea01d522433a1a1ae116103"
          podSecurityContext:
            enabled: true
            runAsNonRoot: true
            seccompProfile:
              type: RuntimeDefault
          containerSecurityContext:
            enabled: true
            allowPrivilegeEscalation: false
            capabilities:
              drop:
                - ALL
          resources:
            requests:
              cpu: 10m
              memory: 50Mi

検証

  • 有効なプラグインのリストを表示するには、AdministrationCluster SettingsConfigurationConsole operator.openshift.ioConsole plugins に移動するか、Overview ページにアクセスします。
注記

新しいプラグイン設定が表示されるまで数分かかる場合があります。最近プラグインを有効にしたにもかかわらず、プラグインが表示されない場合は、ブラウザを更新する必要が生じる可能性があります。実行時にエラーが発生した場合は、ブラウザー開発者ツールの JS コンソールをチェックして、プラグインコードにエラーがないか調べてください。

7.3.3. ブラウザーでのプラグインの無効化

コンソールユーザーは、disable-plugins クエリーパラメーターを使用して、通常ランタイム時にロードされる特定またはすべての動的プラグインを無効にすることができます。

手順

  • 特定のプラグインを無効にするには、プラグイン名のコンマ区切りリストから無効にするプラグインを削除します。
  • すべてのプラグインを無効にするには、disable-plugins クエリーパラメーターを空の文字列のままにします。
注記

クラスター管理者は、Web コンソールの Cluster Settings ページでプラグインを無効にできます。

7.3.4. 関連情報