第4章 ユーザー設定の追加

要件に合わせてプロファイルのデフォルト設定を変更できます。デフォルトのプロジェクト、トポロジービュー (グラフまたはリスト)、編集メディア (フォームまたは YAML)、言語設定、およびリソースタイプを設定できます。

ユーザー設定への変更は自動的に保存されます。

4.1. ユーザー設定

クラスターのデフォルトのユーザー設定を指定できます。

手順

  1. ログイン認証情報を使用して OpenShift Container Platform Web コンソールにログインします。
  2. マストヘッドを使用して、ユーザープロファイルのユーザー名とパスワードにアクセスします。
  3. General セクションで、以下を実行します。

    1. Theme フィールドで、作業するテーマを設定できます。ログインするたびに、選択したテーマがコンソールのデフォルトとして設定されます。
    2. perspective フィールドで、ログインするデフォルトのパースペクティブを設定できます。必要に応じて Administrator または Developer パースペクティブを選択できます。パースペクティブが選択されていない場合には、最後にアクセスしたパースペクティブにログインします。
    3. Project フィールドで、作業するプロジェクトを選択します。ログインするたびに、そのプロジェクトがコンソールのデフォルトとして設定されます。
    4. Topology フィールドで、トポロジービューのデフォルトをグラフビューか、リストビューに設定できます。選択されていない場合は、コンソールは使用した最後のビューにデフォルト設定されます。
    5. Create/Edit resource method フィールドで、リソースの作成または編集設定を指定できます。フォームおよび YAML オプションの両方が利用可能な場合には、選択した内容にコンソールはデフォルト設定されます。
  4. ブラウザーのデフォルトの言語設定を使用するには、言語セクションで、Default browser language を選択します。それ以外の場合は、コンソールに使用する言語を選択します。
  5. Notifications セクションでは、Overview ページまたは通知ドロワーで、特定のプロジェクトに対してユーザーが作成した通知の表示を切り替えることができます。
  6. アプリケーション セクションで:

    1. デフォルトの リソースタイプ を表示できます。たとえば、OpenShift Serverless Operator がインストールされている場合、デフォルトのリソースタイプは Serverless Deployment です。それ以外の場合、デフォルトのリソースタイプは Deployment です。
    2. リソース タイプ フィールドから、別のリソースタイプをデフォルトのリソースタイプとして選択できます。