6.3. OpenShift サンドボックスコンテナーモニター Pod のアップグレード

OpenShift サンドボックスコンテナーをアップグレードした後、KataConfig CR でモニターイメージを更新して、モニター Pod をアップグレードする必要があります。それ以外の場合、モニター Pod は以前のバージョンのイメージを実行し続けます。

Web コンソールまたは CLI を使用して更新を実行できます。

6.3.1. Web コンソールを使用した監視 Pod のアップグレード

OpenShift Container Platform の KataConfig YAML ファイルには、モニターイメージのバージョン番号が含まれています。バージョン番号を正しいバージョンに更新します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform 4.12 をお使いのクラスターがインストールされている。
  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。

手順

  1. OpenShift Container Platform の Administrator パースペクティブから、OperatorsInstalled Operators に移動します。
  2. OpenShift sandboxed containers Operator を選択し、KataConfig タブに移動します。
  3. Search by name フィールドを使用して、KataConfig リソースを検索します。KataConfig リソースのデフォルト名は example-kataconfig です。
  4. KataConfig リソースを選択し、KataConfig タブに移動します。
  5. kataMonitorImage のバージョン番号を変更します。

        checkNodeEligibility: false
        kataConfigPoolSelector: null
        kataMonitorImage: 'registry.redhat.io/openshift-sandboxed-containers/osc-monitor-rhel8:1.3.0'
  6. Save をクリックします。

6.3.2. CLI を使用した監視 Pod のアップグレード

KataConfig CR のモニターイメージに手動でパッチを適用して、モニター Pod を更新できます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform 4.12 をお使いのクラスターがインストールされている。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。

手順

  • OpenShift Container Platform CLI で、以下のコマンドを実行します。

    $ oc patch kataconfig <kataconfig_name> --type merge --patch
    '{"spec":{"kataMonitorImage":"registry.redhat.io/openshift-sandboxed-containers/osc-monitor-rhel8:1.3.0"}}'

    <kataconfig_name>:: は、example-kataconfig などの Kata 設定ファイルの名前を指定します。