2.4. Operator Lifecycle Manager (OLM)

2.4.1. Operator Lifecycle Manager の概念およびリソース

以下で、OpenShift Container Platform での Operator Lifecycle Manager (OLM) に関連する概念について説明します。

2.4.1.1. Operator Lifecycle Manager について

Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用することにより、ユーザーは Kubernetes ネイティブアプリケーション (Operator) および OpenShift Container Platform クラスター全体で実行される関連サービスについてインストール、更新、およびそのライフサイクルの管理を実行できます。これは、Operator を効果的かつ自動化された拡張可能な方法で管理するために設計されたオープンソースツールキットの Operator Framework の一部です。

図2.2 Operator Lifecycle Manager ワークフロー

olm workflow

OLM は OpenShift Container Platform 4.12 でデフォルトで実行されます。これは、クラスター管理者がクラスターで実行されている Operator をインストールし、アップグレードし、アクセスをこれに付与するのに役立ちます。OpenShift Container Platform Web コンソールでは、クラスター管理者が Operator をインストールし、特定のプロジェクトアクセスを付与して、クラスターで利用可能な Operator のカタログを使用するための管理画面を利用できます。

開発者の場合は、セルフサービスを使用することで、専門的な知識がなくてもデータベースのインスタンスのプロビジョニングや設定、またモニターリング、ビッグデータサービスなどを実行できます。 Operator にそれらに関するナレッジが織り込まれているためです。

2.4.1.2. OLM リソース

以下のカスタムリソース定義 (CRD) は Operator Lifecycle Manager (OLM) によって定義され、管理されます。

表2.1 OLM およびカタログ Operator で管理される CRD

リソース短縮名説明

ClusterServiceVersion (CSV)

csv

アプリケーションメタデータ:例: 名前、バージョン、アイコン、必須リソース。

CatalogSource

catsrc

CSV、CRD、およびアプリケーションを定義するパッケージのリポジトリー。

サブスクリプション

sub

パッケージのチャネルを追跡して CSV を最新の状態に保ちます。

InstallPlan

ip

CSV を自動的にインストールするか、またはアップグレードするために作成されるリソースの計算された一覧。

OperatorGroup

og

OperatorGroup オブジェクトと同じ namespace にデプロイされたすべての Operator を、namespace の一覧またはクラスター全体でカスタムリソース (CR) を監視できるように設定します。

OperatorConditions

-

OLM とそれが管理する Operator との間で通信チャネルを作成します。Operator は Status.Conditions 配列に書き込みを行い、複雑な状態を OLM と通信できます。

2.4.1.2.1. クラスターサービスバージョン

クラスターサービスバージョン (CSV) は、OpenShift Container Platform クラスター上で実行中の Operator の特定バージョンを表します。これは、クラスターでの Operator Lifecycle Manager (OLM) の Operator の実行に使用される Operator メタデータから作成される YAML マニフェストです。

OLM は Operator についてのこのメタデータを要求し、これがクラスターで安全に実行できるようにし、Operator の新規バージョンが公開される際に更新を適用する方法についての情報を提供します。これは従来のオペレーティングシステムのソフトウェアのパッケージに似ています。OLM のパッケージ手順を、rpmdep、または apk バンドルを作成するステージとして捉えることができます。

CSV には、ユーザーインターフェイスに名前、バージョン、説明、ラベル、リポジトリーリンクおよびロゴなどの情報を設定するために使用される Operator コンテナーイメージに伴うメタデータが含まれます。

CSV は、Operator が管理したり、依存したりするカスタムリソース (CR)、RBAC ルール、クラスター要件、およびインストールストラテジーなどの Operator の実行に必要な技術情報の情報源でもあります。この情報は OLM に対して必要なリソースの作成方法と、Operator をデプロイメントとしてセットアップする方法を指示します。

2.4.1.2.2. カタログソース

カタログソース は、通常コンテナーレジストリーに保存されている インデックスイメージ を参照してメタデータのストアを表します。Operator Lifecycle Manager(OLM) はカタログソースをクエリーし、Operator およびそれらの依存関係を検出してインストールします。OpenShift Container Platform Web コンソールの OperatorHub は、カタログソースで提供される Operator も表示します。

ヒント

クラスター管理者は、Web コンソールの AdministrationCluster SettingsConfigurationOperatorHub ページを使用して、クラスターで有効なログソースにより提供される Operator の詳細一覧を表示できます。

CatalogSource オブジェクトの spec は、Pod の構築方法、または Operator レジストリー gRPC API を提供するサービスとの通信方法を示します。

例2.8 CatalogSource オブジェクトの例

apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
kind: CatalogSource
metadata:
  generation: 1
  name: example-catalog 1
  namespace: openshift-marketplace 2
  annotations:
    olm.catalogImageTemplate: 3
      "quay.io/example-org/example-catalog:v{kube_major_version}.{kube_minor_version}.{kube_patch_version}"
spec:
  displayName: Example Catalog 4
  image: quay.io/example-org/example-catalog:v1 5
  priority: -400 6
  publisher: Example Org
  sourceType: grpc 7
  grpcPodConfig:
    securityContextConfig: <security_mode> 8
    nodeSelector: 9
      custom_label: <label>
    priorityClassName: system-cluster-critical 10
    tolerations: 11
      - key: "key1"
        operator: "Equal"
        value: "value1"
        effect: "NoSchedule"
  updateStrategy:
    registryPoll: 12
      interval: 30m0s
status:
  connectionState:
    address: example-catalog.openshift-marketplace.svc:50051
    lastConnect: 2021-08-26T18:14:31Z
    lastObservedState: READY 13
  latestImageRegistryPoll: 2021-08-26T18:46:25Z 14
  registryService: 15
    createdAt: 2021-08-26T16:16:37Z
    port: 50051
    protocol: grpc
    serviceName: example-catalog
    serviceNamespace: openshift-marketplace
1
CatalogSource オブジェクトの名前。この値は、要求された namespace で作成される、関連の Pod 名の一部としても使用されます。
2
カタログを作成する namespace。カタログを全 namespace のクラスター全体で利用可能にするには、この値を openshift-marketplace に設定します。Red Hat が提供するデフォルトのカタログソースも openshift-marketplace namespace を使用します。それ以外の場合は、値を特定の namespace に設定し、Operator をその namespace でのみ利用可能にします。
3
任意: クラスターのアップグレードにより、Operator のインストールがサポートされていない状態になったり、更新パスが継続されなかったりする可能性を回避するために、クラスターのアップグレードの一環として、Operator カタログのインデックスイメージのバージョンを自動的に変更するように有効化することができます。

olm.catalogImageTemplate アノテーションをインデックスイメージ名に設定し、イメージタグのテンプレートを作成する際に、1 つ以上の Kubernetes クラスターバージョン変数を使用します。アノテーションは、実行時に spec.image フィールドを上書きします。詳細は、カスタムカタログソースのイメージテンプレートのセクションを参照してください。

4
Web コンソールおよび CLI でのカタログの表示名。
5
カタログのインデックスイメージ。オプションで、olm.catalogImageTemplate アノテーションを使用して実行時のプル仕様を設定する場合には、省略できます。
6
カタログソースの重み。OLM は重みを使用して依存関係の解決時に優先順位付けします。重みが大きい場合は、カタログが重みの小さいカタログよりも優先されることを示します。
7
ソースタイプには以下が含まれます。
  • image 参照のある grpc: OLM はイメージをポーリングし、Pod を実行します。これにより、準拠 API が提供されることが予想されます。
  • address フィールドのある grpc: OLM は所定アドレスでの gRPC API へのアクセスを試行します。これはほとんどの場合使用することができません。
  • ConfigMap: OLM は設定マップデータを解析し、gRPC API を提供できる Pod を実行します。
8
legacy または restricted の値を指定します。フィールドが設定されていない場合、デフォルト値は legacy です。今後の OpenShift Container Platform リリースでは、デフォルト値が restricted になる予定です。restricted 権限でカタログを実行できない場合は、このフィールドを手動で legacy に設定することを推奨します。
9
オプション: grpc タイプのカタログソースの場合は、spec.image でコンテンツを提供する Pod のデフォルトのノードセレクターをオーバーライドします (定義されている場合)。
10
オプション: grpc タイプのカタログソースの場合は、spec.image でコンテンツを提供する Pod のデフォルトの優先度クラス名をオーバーライドします (定義されている場合)。Kubernetes は、デフォルトで優先度クラス system-cluster-critical および system-node-critical を提供します。フィールドを空 ("") に設定すると、Pod にデフォルトの優先度が割り当てられます。他の優先度クラスは、手動で定義できます。
11
オプション: grpc タイプのカタログソースの場合は、spec.image でコンテンツを提供する Pod のデフォルトの Toleration をオーバーライドします (定義されている場合)。
12
最新の状態を維持するために、特定の間隔で新しいバージョンの有無を自動的にチェックします。
13
カタログ接続が最後に監視された状態。以下に例を示します。
  • READY: 接続が正常に確立されました。
  • CONNECTING: 接続が確立中です。
  • TRANSIENT_FAILURE: タイムアウトなど、接続の確立時一時的な問題が発生しました。状態は最終的に CONNECTING に戻り、再試行されます。

詳細は、gRPC ドキュメントの 接続の状態 を参照してください。

14
カタログイメージを保存するコンテナーレジストリーがポーリングされ、イメージが最新の状態であることを確認します。
15
カタログの Operator レジストリーサービスのステータス情報。

サブスクリプションの CatalogSource オブジェクトの name を参照すると、要求された Operator を検索する場所を、OLM に指示します。

例2.9 カタログソースを参照する Subscription オブジェクトの例

apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
kind: Subscription
metadata:
  name: example-operator
  namespace: example-namespace
spec:
  channel: stable
  name: example-operator
  source: example-catalog
  sourceNamespace: openshift-marketplace
2.4.1.2.2.1. カスタムカタログソースのイメージテンプレート

基礎となるクラスターとの Operator との互換性は、さまざまな方法でカタログソースにより表現できます。デフォルトの Red Hat が提供するカタログソースに使用される 1 つの方法として、OpenShift Container Platform 4.12 などの特定のプラットフォームリリース用に特別に作成されるインデックスイメージのイメージタグを特定することです。

クラスターのアップグレード時に、Red Hat が提供するデフォルトのカタログソースのインデックスイメージのタグは、Operator Lifecycle Manager (OLM) が最新版のカタログをプルするように、Cluster Version Operator (CVO) により自動更新されます。たとえば、OpenShift Container Platform 4.11 から 4.12 へのアップグレード時に、redhat-operators カタログの CatalogSource オブジェクトの spec.image フィールドは以下のようになります。

registry.redhat.io/redhat/redhat-operator-index:v4.11

以下のように変更します。

registry.redhat.io/redhat/redhat-operator-index:v4.12

ただし、CVO ではカスタムカタログのイメージタグは自動更新されません。クラスターのアップグレード後、ユーザーが互換性があり、サポート対象の Operator のインストールを確実に行えるようにするには、カスタムカタログも更新して、更新されたインデックスイメージを参照する必要があります。

OpenShift Container Platform 4.9 以降、クラスター管理者はカスタムカタログの CatalogSource オブジェクトの olm.catalogImageTemplate アノテーションを、テンプレートなどのイメージ参照に追加できます。以下の Kubernetes バージョン変数は、テンプレートで使用できるようにサポートされています。

  • kube_major_version
  • kube_minor_version
  • kube_patch_version
注記

OpenShift Container Platform クラスターのバージョンはテンプレートに現在しようできないので、このクラスターではなく、Kubernetes クラスターのバージョンを指定する必要があります。

更新された Kubernetes バージョンを指定するタグでインデックスイメージを作成してプッシュしている場合に、このアノテーションを設定すると、カスタムカタログのインデックスイメージのバージョンがクラスターのアップグレード後に自動的に変更されます。アノテーションの値は、CatalogSource オブジェクトの spec.image フィールドでイメージ参照を設定したり、更新したりするために使用されます。こうすることで、サポートなしの状態や、継続する更新パスなしの状態で Operator がインストールされないようにします。

重要

格納されているレジストリーがどれであっても、クラスターのアップグレード時に、クラスターが、更新されたタグを含むインデックスイメージにアクセスできるようにする必要があります。

例2.10 イメージテンプレートを含むカタログソースの例

apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
kind: CatalogSource
metadata:
  generation: 1
  name: example-catalog
  namespace: openshift-marketplace
  annotations:
    olm.catalogImageTemplate:
      "quay.io/example-org/example-catalog:v{kube_major_version}.{kube_minor_version}"
spec:
  displayName: Example Catalog
  image: quay.io/example-org/example-catalog:v1.25
  priority: -400
  publisher: Example Org
注記

spec.image フィールドおよび olm.catalogImageTemplate アノテーションの両方が設定されている場合には、spec.image フィールドはアノテーションから解決された値で上書きされます。アノテーションが使用可能なプル仕様に対して解決されない場合は、カタログソースは spec.image 値にフォールバックします。

spec.image フィールドが設定されていない場合に、アノテーションが使用可能なプル仕様に対して解決されない場合は、OLM はカタログソースの調整を停止し、人間が判読できるエラー条件に設定します。

Kubernetes 1.25 を使用する OpenShift Container Platform 4.12 クラスターでは、前述の例の olm.catalogImageTemplate アノテーションは以下のイメージ参照に解決されます。

quay.io/example-org/example-catalog:v1.25

OpenShift Container Platform の今後のリリースでは、より新しい OpenShift Container Platform バージョンが使用する、より新しい Kubernetes バージョンを対象とした、カスタムカタログの更新済みインデックスイメージを作成できます。アップグレード前に olm.catalogImageTemplate アノテーションを設定してから、クラスターを新しい OpenShift Container Platform バージョンにアップグレードすると、カタログのインデックスイメージも自動的に更新されます。

2.4.1.2.3. サブスクリプション

サブスクリプション は、Subscription オブジェクトによって定義され、Operator をインストールする意図を表します。これは、Operator をカタログソースに関連付けるカスタムリソースです。

サブスクリプションは、サブスクライブする Operator パッケージのチャネルや、更新を自動または手動で実行するかどうかを記述します。サブスクリプションが自動に設定された場合、Operator Lifecycle Manager (OLM) が Operator を管理し、アップグレードして、最新バージョンがクラスター内で常に実行されるようにします。

Subscription オブジェクトの例

apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
kind: Subscription
metadata:
  name: example-operator
  namespace: example-namespace
spec:
  channel: stable
  name: example-operator
  source: example-catalog
  sourceNamespace: openshift-marketplace

この Subscription オブジェクトは、Operator の名前および namespace および Operator データのあるカタログを定義します。alphabeta、または stable などのチャネルは、カタログソースからインストールする必要のある Operator ストリームを判別するのに役立ちます。

サブスクリプションのチャネルの名前は Operator 間で異なる可能性がありますが、命名スキームは指定された Operator 内の一般的な規則に従う必要があります。たとえば、チャネル名は Operator によって提供されるアプリケーションのマイナーリリース更新ストリーム (1.21.3) またはリリース頻度 (stablefast) に基づく可能性があります。

OpenShift Container Platform Web コンソールから簡単に表示されるだけでなく、関連するサブスクリプションのステータスを確認して、Operator の新規バージョンが利用可能になるタイミングを特定できます。currentCSV フィールドに関連付けられる値は OLM に認識される最新のバージョンであり、installedCSV はクラスターにインストールされるバージョンです。

2.4.1.2.4. インストール計画

InstallPlan オブジェクトによって定義される インストール計画 は、Operator Lifecycle Manager(OLM) が特定バージョンの Operator をインストールまたはアップグレードするために作成するリソースのセットを記述します。バージョンはクラスターサービスバージョン (CSV) で定義されます。

Operator、クラスター管理者、または Operator インストールパーミッションが付与されているユーザーをインストールするには、まず Subscription オブジェクトを作成する必要があります。サブスクリプションでは、カタログソースから利用可能なバージョンの Operator のストリームにサブスクライブする意図を表します。次に、サブスクリプションは InstallPlan オブジェクトを作成し、Operator のリソースのインストールを容易にします。

その後、インストール計画は、以下の承認ストラテジーのいずれかをもとに承認される必要があります。

  • サブスクリプションの spec.installPlanApproval フィールドが Automatic に設定されている場合には、インストール計画は自動的に承認されます。
  • サブスクリプションの spec.installPlanApproval フィールドが Manual に設定されている場合には、インストール計画はクラスター管理者または適切なパーミッションが割り当てられたユーザーによって手動で承認する必要があります。

インストール計画が承認されると、OLM は指定されたリソースを作成し、サブスクリプションで指定された namespace に Operator をインストールします。

例2.11 InstallPlan オブジェクトの例

apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
kind: InstallPlan
metadata:
  name: install-abcde
  namespace: operators
spec:
  approval: Automatic
  approved: true
  clusterServiceVersionNames:
    - my-operator.v1.0.1
  generation: 1
status:
  ...
  catalogSources: []
  conditions:
    - lastTransitionTime: '2021-01-01T20:17:27Z'
      lastUpdateTime: '2021-01-01T20:17:27Z'
      status: 'True'
      type: Installed
  phase: Complete
  plan:
    - resolving: my-operator.v1.0.1
      resource:
        group: operators.coreos.com
        kind: ClusterServiceVersion
        manifest: >-
        ...
        name: my-operator.v1.0.1
        sourceName: redhat-operators
        sourceNamespace: openshift-marketplace
        version: v1alpha1
      status: Created
    - resolving: my-operator.v1.0.1
      resource:
        group: apiextensions.k8s.io
        kind: CustomResourceDefinition
        manifest: >-
        ...
        name: webservers.web.servers.org
        sourceName: redhat-operators
        sourceNamespace: openshift-marketplace
        version: v1beta1
      status: Created
    - resolving: my-operator.v1.0.1
      resource:
        group: ''
        kind: ServiceAccount
        manifest: >-
        ...
        name: my-operator
        sourceName: redhat-operators
        sourceNamespace: openshift-marketplace
        version: v1
      status: Created
    - resolving: my-operator.v1.0.1
      resource:
        group: rbac.authorization.k8s.io
        kind: Role
        manifest: >-
        ...
        name: my-operator.v1.0.1-my-operator-6d7cbc6f57
        sourceName: redhat-operators
        sourceNamespace: openshift-marketplace
        version: v1
      status: Created
    - resolving: my-operator.v1.0.1
      resource:
        group: rbac.authorization.k8s.io
        kind: RoleBinding
        manifest: >-
        ...
        name: my-operator.v1.0.1-my-operator-6d7cbc6f57
        sourceName: redhat-operators
        sourceNamespace: openshift-marketplace
        version: v1
      status: Created
      ...
2.4.1.2.5. Operator グループ

Operator グループ は、 OperatorGroup リソースによって定義され、マルチテナント設定を OLM でインストールされた Operator に提供します。Operator グループは、そのメンバー Operator に必要な RBAC アクセスを生成するために使用するターゲット namespace を選択します。

ターゲット namespace のセットは、クラスターサービスバージョン (CSV) の olm.targetNamespaces アノテーションに保存されるコンマ区切りの文字列によって指定されます。このアノテーションは、メンバー Operator の CSV インスタンスに適用され、それらのデプロインメントに展開されます。

関連情報

2.4.1.2.6. Operator 条件

Operator のライフサイクル管理のロールの一部として、Operator Lifecycle Manager (OLM) は、Operator を定義する Kubernetes リソースの状態から Operator の状態を推測します。このアプローチでは、Operator が特定の状態にあることをある程度保証しますが、推測できない情報を Operator が OLM と通信して提供する必要がある場合も多々あります。続いて、OLM がこの情報を使用して、Operator のライフサイクルをより適切に管理することができます。

OLM は、Operator が OLM に条件について通信できる OperatorCondition というカスタムリソース定義 (CRD) を提供します。OperatorCondition リソースの Spec.Conditions 配列にある場合に、OLM による Operator の管理に影響するサポートされる条件のセットがあります。

注記

デフォルトでは、 Spec.Conditions配列は、ユーザーによって追加されるか、カスタム Operator ロジックの結果として追加されるまで、 Operator Conditionオブジェクトに存在しません。

関連情報

2.4.2. Operator Lifecycle Manager アーキテクチャー

以下では、OpenShift Container Platform における Operator Lifecycle Manager (OLM) のコンポーネントのアーキテクチャーを説明します。

2.4.2.1. コンポーネントのロール

Operator Lifecycle Manager (OLM) は、OLM Operator および Catalog Operator の 2 つの Operator で設定されています。

これらの Operator はそれぞれ OLM フレームワークのベースとなるカスタムリソース定義 (CRD) を管理します。

表2.2 OLM およびカタログ Operator で管理される CRD

リソース短縮名所有する Operator説明

ClusterServiceVersion (CSV)

csv

OLM

アプリケーションのメタデータ: 名前、バージョン、アイコン、必須リソース、インストールなど。

InstallPlan

ip

カタログ

CSV を自動的にインストールするか、またはアップグレードするために作成されるリソースの計算された一覧。

CatalogSource

catsrc

カタログ

CSV、CRD、およびアプリケーションを定義するパッケージのリポジトリー。

サブスクリプション

sub

カタログ

パッケージのチャネルを追跡して CSV を最新の状態に保つために使用されます。

OperatorGroup

og

OLM

OperatorGroup オブジェクトと同じ namespace にデプロイされたすべての Operator を、namespace の一覧またはクラスター全体でカスタムリソース (CR) を監視できるように設定します。

これらの Operator のそれぞれは以下のリソースの作成も行います。

表2.3 OLM およびカタログ Operator によって作成されるリソース

リソース所有する Operator

Deployments

OLM

ServiceAccounts

(Cluster)Role

(Cluster)RoleBinding

CustomResourceDefinitions (CRDs)

カタログ

ClusterServiceVersions

2.4.2.2. OLM Operator

OLM Operator は、CSV で指定された必須リソースがクラスター内にあることが確認された後に CSV リソースで定義されるアプリケーションをデプロイします。

OLM Operator は必須リソースの作成には関与せず、ユーザーが CLI またはカタログ Operator を使用してこれらのリソースを手動で作成することを選択できます。このタスクの分離により、アプリケーションに OLM フレームワークをどの程度活用するかに関連してユーザーによる追加機能の購入を可能にします。

OLM Operator は以下のワークフローを使用します。

  1. namespace でクラスターサービスバージョン (CSV) の有無を確認し、要件を満たしていることを確認します。
  2. 要件が満たされている場合、CSV のインストールストラテジーを実行します。

    注記

    CSV は、インストールストラテジーの実行を可能にするために Operator グループのアクティブなメンバーである必要があります。

2.4.2.3. カタログ Operator

カタログ Operator はクラスターサービスバージョン (CSV) およびそれらが指定する必須リソースを解決し、インストールします。また、カタログソースでチャネル内のパッケージへの更新の有無を確認し、必要な場合はそれらを利用可能な最新バージョンに自動的にアップグレードします。

チャネル内のパッケージを追跡するために、必要なパッケージ、チャネル、および更新のプルに使用する CatalogSource オブジェクトを設定して Subscription オブジェクトを作成できます。更新が見つかると、ユーザーに代わって適切な InstallPlan オブジェクトの namespace への書き込みが行われます。

カタログ Operator は以下のワークフローを使用します。

  1. クラスターの各カタログソースに接続します。
  2. ユーザーによって作成された未解決のインストール計画の有無を確認し、これがあった場合は以下を実行します。

    1. 要求される名前に一致する CSV を検索し、これを解決済みリソースとして追加します。
    2. 管理対象または必須の CRD のそれぞれについて、これを解決済みリソースとして追加します。
    3. 必須 CRD のそれぞれについて、これを管理する CSV を検索します。
  3. 解決済みのインストール計画の有無を確認し、それについての検出されたすべてのリソースを作成します (ユーザーによって、または自動的に承認される場合)。
  4. カタログソースおよびサブスクリプションの有無を確認し、それらに基づいてインストール計画を作成します。

2.4.2.4. カタログレジストリー

カタログレジストリーは、クラスター内での作成用に CSV および CRD を保存し、パッケージおよびチャネルについてのメタデータを保存します。

パッケージマニフェスト は、パッケージアイデンティティーを CSV のセットに関連付けるカタログレジストリー内のエントリーです。パッケージ内で、チャネルは特定の CSV を参照します。CSV は置き換え対象の CSV を明示的に参照するため、パッケージマニフェストはカタログ Operator に対し、CSV をチャネル内の最新バージョンに更新するために必要なすべての情報を提供します (各中間バージョンをステップスルー)。

2.4.3. Operator Lifecycle Manager ワークフロー

以下では、OpenShift Container Platform における Operator Lifecycle Manager (OLM) のワークロードについて説明します。

2.4.3.1. OLM での Operator のインストールおよびアップグレードのワークフロー

Operator Lifecycle Manager (OLM) エコシステムでは、以下のリソースを使用して Operator インストールおよびアップグレードを解決します。

  • ClusterServiceVersion (CSV)
  • CatalogSource
  • サブスクリプション

CSV で定義される Operator メタデータは、カタログソースというコレクションに保存できます。OLM はカタログソースを使用します。これは Operator Registry API を使用して利用可能な Operator やインストールされた Operator のアップグレードについてクエリーします。

図2.3 カタログソースの概要

OLM カタログソース

カタログソース内で、Operator は パッケージチャネル という更新のストリームに編成されます。これは、Web ブラウザーのような継続的なリリースサイクルの OpenShift Container Platform や他のソフトウェアで使用される更新パターンです。

図2.4 カタログソースのパッケージおよびチャネル

OLM チャネル

ユーザーは サブスクリプション の特定のカタログソースの特定のパッケージおよびチャネルを指定できます (例: etcd パッケージおよびその alpha チャネル)。サブスクリプションが namespace にインストールされていないパッケージに対して作成されると、そのパッケージの最新 Operator がインストールされます。

注記

OLM では、バージョンの比較が意図的に避けられます。そのため、所定の catalogchannelpackage パスから利用可能な latest または newest Operator が必ずしも最も高いバージョン番号である必要はありません。これは Git リポジトリーの場合と同様に、チャネルの Head リファレンスとして見なされます。

各 CSV には、これが置き換える Operator を示唆する replaces パラメーターがあります。これにより、OLM でクエリー可能な CSV のグラフが作成され、更新がチャネル間で共有されます。チャネルは、更新グラフのエントリーポイントと見なすことができます。

図2.5 利用可能なチャネル更新についての OLM グラフ

olm replaces

パッケージのチャネルの例

packageName: example
channels:
- name: alpha
  currentCSV: example.v0.1.2
- name: beta
  currentCSV: example.v0.1.3
defaultChannel: alpha

カタログソース、パッケージ、チャネルおよび CSV がある状態で、OLM が更新のクエリーを実行できるようにするには、カタログが入力された CSV の置き換え (replaces) を実行する単一 CSV を明確にかつ確定的に返すことができる必要があります。

2.4.3.1.1. アップグレードパスの例

アップグレードシナリオのサンプルについて、CSV バージョン 0.1.1 に対応するインストールされた Operator について見てみましょう。OLM はカタログソースをクエリーし、新規 CSV バージョン 0.1.3 についてサブスクライブされたチャネルのアップグレードを検出します。これは、古いバージョンでインストールされていない CSV バージョン 0.1.2 を置き換えます。その後、さらに古いインストールされた CSV バージョン 0.1.1 を置き換えます。

OLM は、チャネルヘッドから CSV で指定された replaces フィールドで以前のバージョンに戻り、アップグレードパス 0.1.30.1.20.1.1 を判別します。矢印の方向は前者が後者を置き換えることを示します。OLM は、チャネルヘッドに到達するまで Operator を 1 バージョンずつアップグレードします。

このシナリオでは、OLM は Operator バージョン 0.1.2 をインストールし、既存の Operator バージョン 0.1.1 を置き換えます。その後、Operator バージョン 0.1.3 をインストールし、直前にインストールされた Operator バージョン 0.1.2 を置き換えます。この時点で、インストールされた Operator のバージョン 0.1.3 はチャネルヘッドに一致し、アップグレードは完了します。

2.4.3.1.2. アップグレードの省略

OLM のアップグレードの基本パスは以下の通りです。

  • カタログソースは Operator への 1 つ以上の更新によって更新されます。
  • OLM は、カタログソースに含まれる最新バージョンに到達するまで、Operator のすべてのバージョンを横断します。

ただし、この操作の実行は安全でない場合があります。公開されているバージョンの Operator がクラスターにインストールされていない場合、そのバージョンによって深刻な脆弱性が導入される可能性があるなどの理由でその Operator をがクラスターにインストールできないことがあります。

この場合、OLM は以下の 2 つのクラスターの状態を考慮に入れて、それらの両方に対応する更新グラフを提供する必要があります。

  • 問題のある中間 Operator がクラスターによって確認され、かつインストールされている。
  • 問題のある中間 Operator がクラスターにまだインストールされていない。

OLM は、新規カタログを送り、省略されたリリースを追加することで、クラスターの状態や問題のある更新が発見されたかどうかにかかわらず、単一の固有の更新を常に取得することができます。

省略されたリリースの CSV 例

apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
kind: ClusterServiceVersion
metadata:
  name: etcdoperator.v0.9.2
  namespace: placeholder
  annotations:
spec:
    displayName: etcd
    description: Etcd Operator
    replaces: etcdoperator.v0.9.0
    skips:
    - etcdoperator.v0.9.1

古い CatalogSource および 新規 CatalogSource についての以下の例を見てみましょう。

図2.6 更新のスキップ

olm skipping updates

このグラフは、以下を示しています。

  • 古い CatalogSource の Operator には、 新規 CatalogSource の単一の置き換えがある。
  • 新規 CatalogSource の Operator には、 新規 CatalogSource の単一の置き換えがある。
  • 問題のある更新がインストールされていない場合、これがインストールされることはない。
2.4.3.1.3. 複数 Operator の置き換え

説明されているように 新規 CatalogSource を作成するには、1 つの Operator を置き換える (置き換える) が、複数バージョンを省略 (skip) できる CSV を公開する必要があります。これは、skipRange アノテーションを使用して実行できます。

olm.skipRange: <semver_range>

ここで <semver_range> には、semver ライブラリー でサポートされるバージョン範囲の形式が使用されます。

カタログで更新を検索する場合、チャネルのヘッドに skipRange アノテーションがあり、現在インストールされている Operator にその範囲内のバージョンフィールドがある場合、OLM はチャネル内の最新エントリーに対して更新されます。

以下は動作が実行される順序になります。

  1. サブスクリプションの sourceName で指定されるソースのチャネルヘッド (省略する他の条件が満たされている場合)。
  2. sourceName で指定されるソースの現行バージョンを置き換える次の Operator。
  3. サブスクリプションに表示される別のソースのチャネルヘッド (省略する他の条件が満たされている場合)。
  4. サブスクリプションに表示されるソースの現行バージョンを置き換える次の Operator。

skipRange を含む CSV の例

apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
kind: ClusterServiceVersion
metadata:
    name: elasticsearch-operator.v4.1.2
    namespace: <namespace>
    annotations:
        olm.skipRange: '>=4.1.0 <4.1.2'

2.4.3.1.4. z-stream サポート

z-streamまたはパッチリリースは、同じマイナーバージョンの以前のすべての z-stream リリースを置き換える必要があります。OLM は、メジャー、マイナーまたはパッチバージョンを考慮せず、カタログ内で正確なグラフのみを作成する必要があります。

つまり、OLM では 古い CatalogSource のようにグラフを使用し、以前と同様に 新規 CatalogSource にあるようなグラフを生成する必要があります。

図2.7 複数 Operator の置き換え

olm z stream

このグラフは、以下を示しています。

  • 古い CatalogSource の Operator には、 新規 CatalogSource の単一の置き換えがある。
  • 新規 CatalogSource の Operator には、 新規 CatalogSource の単一の置き換えがある。
  • 古い CatalogSource の z-stream リリースは、 新規 CatalogSource の最新 z-stream リリースに更新される。
  • 使用不可のリリースは仮想グラフノードと見なされる。それらのコンテンツは存在する必要がなく、レジストリーはグラフが示すように応答することのみが必要になります。

2.4.4. Operator Lifecycle Manager の依存関係の解決

以下で、OpenShift Container Platform の Operator Lifecycle Manager (OLM) での依存関係の解決およびカスタムリソース定義 (CRD) アップグレードライフサイクルについて説明します。

2.4.4.1. 依存関係の解決

Operator Lifecycle Manager (OLM) は、実行中の Operator の依存関係の解決とアップグレードのライフサイクルを管理します。多くの場合、OLM が直面する問題は、 yumrpmなどの他のシステムまたは言語パッケージマネージャーと同様です。

ただし、OLM にはあるものの、通常同様のシステムにはない 1 つの制約があります。Opearator は常に実行されており、OLM は相互に機能しない Operator のセットの共存を防ごうとします。

その結果、以下のシナリオで OLM を使用しないでください。

  • 提供できない API を必要とする Operator のセットのインストール
  • Operator と依存関係のあるものに障害を発生させる仕方での Operator の更新

これは、次の 2 種類のデータで可能になります。

プロパティー

Operator に関する型付きのメタデータ。これは、依存関係のリゾルバーで Operator の公開インターフェイスを設定します。例としては、Operator が提供する API の group/version/kind (GVK) や Operator のセマンティックバージョン (semver) などがあります。

制約または依存関係

ターゲットクラスターにすでにインストールされているかどうかに関係なく、他の Operator が満たす必要のある Operator の要件。これらは、使用可能なすべての Operator に対するクエリーまたはフィルターとして機能し、依存関係の解決およびインストール中に選択を制限します。クラスターで特定の API が利用できる状態にする必要がある場合や、特定のバージョンに特定の Operator をインストールする必要がある場合など、例として挙げられます。

OLM は、これらのプロパティーと制約をブール式のシステムに変換して SAT ソルバーに渡します。これは、ブールの充足可能性を確立するプログラムであり、インストールする Operator を決定する作業を行います。

2.4.4.2. Operator のプロパティー

カタログ内の Operator にはすべて、次のプロパティーが含まれます。

olm.package
パッケージの名前と Operator のバージョンを含めます。
olm.gvk
クラスターサービスバージョン (CSV) から提供された API ごとに 1 つのプロパティー

追加のプロパティーは、Operator バンドルの metadata/ディレクトリーにproperties.yamlファイルを追加して、Operator 作成者が直接宣言することもできます。

任意のプロパティーの例

properties:
- type: olm.kubeversion
  value:
    version: "1.16.0"

2.4.4.2.1. 任意のプロパティー

Operator の作成者は、Operator バンドルのmetadata/ ディレクトリーにあるproperties.yamlファイルで任意のプロパティーを宣言できます。これらのプロパティーは、実行時に Operator Lifecycle Manager (OLM) リゾルバーへの入力として使用されるマップデータ構造に変換されます。

これらのプロパティーはリゾルバーには不透明です。リゾルバーはプロパティーについて理解しませんが、これらのプロパティーに対する一般的な制約を評価して、プロパティーリストを指定することで制約を満たすことができるかどうかを判断します。

任意のプロパティーの例

properties:
  - property:
      type: color
      value: red
  - property:
      type: shape
      value: square
  - property:
      type: olm.gvk
      value:
        group: olm.coreos.io
        version: v1alpha1
        kind: myresource

この構造を使用して、ジェネリック制約の Common Expression Language (CEL) 式を作成できます。

2.4.4.3. Operator の依存関係

Operator の依存関係は、バンドルの metadata/ フォルダー内の dependencies.yaml ファイルに一覧表示されます。このファイルはオプションであり、現時点では明示的な Operator バージョンの依存関係を指定するためにのみ使用されます。

依存関係の一覧には、依存関係の内容を指定するために各項目の type フィールドが含まれます。次のタイプの Operator 依存関係がサポートされています。

olm.package
このタイプは、特定の Operator バージョンの依存関係であることを意味します。依存関係情報には、パッケージ名とパッケージのバージョンを semver 形式で含める必要があります。たとえば、0.5.2 などの特定バージョンや >0.5.1 などのバージョンの範囲を指定することができます。
olm.gvk
このタイプの場合、作成者は CSV の既存の CRD および API ベースの使用方法と同様に group/version/kind (GVK) 情報で依存関係を指定できます。これは、Operator の作成者がすべての依存関係、API または明示的なバージョンを同じ場所に配置できるようにするパスです。
olm.constraint
このタイプは、任意の Operator プロパティーに対するジェネリック制約を宣言します。

以下の例では、依存関係は Prometheus Operator および etcd CRD について指定されます。

dependencies.yaml ファイルの例

dependencies:
  - type: olm.package
    value:
      packageName: prometheus
      version: ">0.27.0"
  - type: olm.gvk
    value:
      group: etcd.database.coreos.com
      kind: EtcdCluster
      version: v1beta2

2.4.4.4. 一般的な制約

olm.constraintプロパティーは、特定のタイプの依存関係制約を宣言し、非制約プロパティーと制約プロパティーを区別します。そのフィールドは、制約メッセージの文字列表現を保持するfailure Messageフィールドを含むオブジェクトです。このメッセージは、実行時に制約が満たされない場合に、ユーザーへの参考のコメントとして表示されます。

次のキーは、使用可能な制約タイプを示します。

gvk
値と解釈が olm.gvk タイプと同じタイプ
package
値と解釈がolm.packageタイプと同じタイプ
cel
任意のバンドルプロパティーとクラスター情報に対して Operator Lifecycle Manager (OLM) リゾルバーによって実行時に評価される Common Expression Language (CEL) 式
allanynot
gvkやネストされた複合制約など、1 つ以上の具体的な制約を含む、論理積、論理和、否定の制約。
2.4.4.4.1. Common Expression Language (CEL) の制約

cel 制約型は、式言語としてCommon Expression Language (CEL)をサポートしています。cel 構造には、Operator が制約を満たしているかどうかを判断するために、実行時に Operator プロパティーに対して評価される CEL 式文字列を含む rule フィールドがあります。

cel 制約の例

type: olm.constraint
value:
  failureMessage: 'require to have "certified"'
  cel:
    rule: 'properties.exists(p, p.type == "certified")'

CEL 構文は、ANDOR などの幅広い論理演算子をサポートします。その結果、単一の CEL 式は、これらの論理演算子で相互にリンクされる複数の条件に対して複数のルールを含めることができます。これらのルールは、バンドルまたは任意のソースからの複数の異なるプロパティーのデータセットに対して評価され、出力は、単一の制約内でこれらのルールのすべてを満たす単一のバンドルまたは Operator に対して解決されます。

複数のルールが指定されたcel制約の例

type: olm.constraint
value:
  failureMessage: 'require to have "certified" and "stable" properties'
  cel:
    rule: 'properties.exists(p, p.type == "certified") && properties.exists(p, p.type == "stable")'

2.4.4.4.2. 複合制約 (all, any, not)

複合制約タイプは、論理定義に従って評価されます。

以下は、2 つのパッケージと 1 つの GVK の接続制約 (all) の例です。つまり、インストールされたバンドルがすべての制約を満たす必要があります。

all制約の例

schema: olm.bundle
name: red.v1.0.0
properties:
- type: olm.constraint
  value:
    failureMessage: All are required for Red because...
    all:
      constraints:
      - failureMessage: Package blue is needed for...
        package:
          name: blue
          versionRange: '>=1.0.0'
      - failureMessage: GVK Green/v1 is needed for...
        gvk:
          group: greens.example.com
          version: v1
          kind: Green

以下は、同じ GVK の 3 つのバージョンの選言的制約 ( any) の例です。つまり、インストールされたバンドルが少なくとも 1 つの制約を満たす必要があります。

any 制約の例

schema: olm.bundle
name: red.v1.0.0
properties:
- type: olm.constraint
  value:
    failureMessage: Any are required for Red because...
    any:
      constraints:
      - gvk:
          group: blues.example.com
          version: v1beta1
          kind: Blue
      - gvk:
          group: blues.example.com
          version: v1beta2
          kind: Blue
      - gvk:
          group: blues.example.com
          version: v1
          kind: Blue

以下は、GVK の 1 つのバージョンの否定制約 (not) の例です。つまり、この結果セットのバンドルでは、この GVK を提供できません。

not の制約例

schema: olm.bundle
name: red.v1.0.0
properties:
- type: olm.constraint
  value:
  all:
    constraints:
    - failureMessage: Package blue is needed for...
      package:
        name: blue
        versionRange: '>=1.0.0'
    - failureMessage: Cannot be required for Red because...
      not:
        constraints:
        - gvk:
            group: greens.example.com
            version: v1alpha1
            kind: greens

否定のセマンティクスは、not制約のコンテキストで不明確であるように見える場合があります。つまり、この否定では、特定の GVK、あるバージョンのパッケージを含むソリューション、または結果セットからの子の複合制約を満たすソリューションを削除するように、リゾルバーに対して指示を出しています。

当然の結果として、最初に可能な依存関係のセットを選択せずに否定することは意味がないため、複合ではnot制約はallまたはany制約内でのみ使用する必要があります。

2.4.4.4.3. ネストされた複合制約

ネストされた複合制約 (少なくとも 1 つの子複合制約と 0 個以上の単純な制約を含む制約) は、前述の各制約タイプの手順に従って、下から上に評価されます。

以下は、接続詞の論理和の例で、one、the other、または both が制約を満たすことができます。

ネストされた複合制約の例

schema: olm.bundle
name: red.v1.0.0
properties:
- type: olm.constraint
  value:
    failureMessage: Required for Red because...
    any:
      constraints:
      - all:
          constraints:
          - package:
              name: blue
              versionRange: '>=1.0.0'
          - gvk:
              group: blues.example.com
              version: v1
              kind: Blue
      - all:
          constraints:
          - package:
              name: blue
              versionRange: '<1.0.0'
          - gvk:
              group: blues.example.com
              version: v1beta1
              kind: Blue

注記

olm.constraintタイプの最大 raw サイズは 64KB に設定されており、リソース枯渇攻撃を制限しています。

2.4.4.5. 依存関係の設定

Operator の依存関係を同等に満たすオプションが多数ある場合があります。Operator Lifecycle Manager (OLM) の依存関係リゾルバーは、要求された Operator の要件に最も適したオプションを判別します。Operator の作成者またはユーザーとして、依存関係の解決が明確になるようにこれらの選択方法を理解することは重要です。

2.4.4.5.1. カタログの優先順位

OpenShift Container Platform クラスターでは、OLM はカタログソースを読み取り、インストールに使用できる Operator を確認します。

CatalogSource オブジェクトの例

apiVersion: "operators.coreos.com/v1alpha1"
kind: "CatalogSource"
metadata:
  name: "my-operators"
  namespace: "operators"
spec:
  sourceType: grpc
  grpcPodConfig:
    securityContextConfig: <security_mode> 1
  image: example.com/my/operator-index:v1
  displayName: "My Operators"
  priority: 100

1
legacy または restricted の値を指定します。フィールドが設定されていない場合、デフォルト値は legacy です。今後の OpenShift Container Platform リリースでは、デフォルト値が restricted になる予定です。restricted 権限でカタログを実行できない場合は、このフィールドを手動で legacy に設定することを推奨します。

CatalogSource オブジェクトには priority フィールドがあります。このフィールドは、依存関係のオプションを優先する方法を把握するためにリゾルバーによって使用されます。

カタログ設定を規定する 2 つのルールがあります。

  • 優先順位の高いカタログにあるオプションは、優先順位の低いカタログのオプションよりも優先されます。
  • 依存オブジェクトと同じカタログにあるオプションは他のカタログよりも優先されます。
2.4.4.5.2. チャネルの順序付け

カタログの Operator パッケージは、ユーザーが OpenShift Container Platform クラスターでサブスクライブできる更新チャネルのコレクションです。チャネルは、マイナーリリース (1.21.3) またはリリース頻度 (stablefast) についての特定の更新ストリームを提供するために使用できます。

同じパッケージの Operator によって依存関係が満たされる可能性がありますが、その場合、異なるチャネルの Operator のバージョンによって満たされる可能性があります。たとえば、Operator のバージョン 1.2stable および fast チャネルの両方に存在する可能性があります。

それぞれのパッケージにはデフォルトのチャネルがあり、これは常にデフォルト以外のチャネルよりも優先されます。デフォルトチャネルのオプションが依存関係を満たさない場合には、オプションは、チャネル名の辞書式順序 (lexicographic order) で残りのチャネルから検討されます。

2.4.4.5.3. チャネル内での順序

ほとんどの場合、単一のチャネル内に依存関係を満たすオプションが複数あります。たとえば、1 つのパッケージおよびチャネルの Operator は同じセットの API を提供します。

ユーザーがサブスクリプションを作成すると、それらはどのチャネルから更新を受け取るかを示唆します。これにより、すぐにその 1 つのチャネルだけに検索が絞られます。ただし、チャネル内では、多くの Operator が依存関係を満たす可能性があります。

チャネル内では、更新グラフでより上位にある新規 Operator が優先されます。チャネルのヘッドが依存関係を満たす場合、これがまず試行されます。

2.4.4.5.4. その他の制約

OLM には、パッケージの依存関係で指定される制約のほかに、必要なユーザーの状態を表し、常にメンテナンスする必要のある依存関係の解決を適用するための追加の制約が含まれます。

2.4.4.5.4.1. サブスクリプションの制約

サブスクリプションの制約は、サブスクリプションを満たすことのできる Operator のセットをフィルターします。サブスクリプションは、依存関係リゾルバーについてのユーザー指定の制約です。それらは、クラスター上にない場合は新規 Operator をインストールすることを宣言するか、または既存 Operator の更新された状態を維持することを宣言します。

2.4.4.5.4.2. パッケージの制約

namespace 内では、2 つの Operator が同じパッケージから取得されることはありません。

2.4.4.6. CRD のアップグレード

OLM は、単一のクラスターサービスバージョン (CSV) によって所有されている場合にはカスタムリソース定義 (CRD) をすぐにアップグレードします。CRD が複数の CSV によって所有されている場合、CRD は、以下の後方互換性の条件のすべてを満たす場合にアップグレードされます。

  • 現行 CRD の既存の有効にされたバージョンすべてが新規 CRD に存在する。
  • 検証が新規 CRD の検証スキーマに対して行われる場合、CRD の提供バージョンに関連付けられる既存インスタンスまたはカスタムリソースすべてが有効である。

2.4.4.7. 依存関係のベストプラクティス

依存関係を指定する際には、ベストプラクティスを考慮する必要があります。

Operator の API または特定のバージョン範囲によって異なります。
Operator は API をいつでも追加または削除できます。Operator が必要とする API に olm.gvk 依存関係を常に指定できます。これの例外は、olm.package 制約を代わりに指定する場合です。
最小バージョンの設定

API の変更に関する Kubernetes ドキュメントでは、Kubernetes 形式の Operator で許可される変更について説明しています。これらのバージョン管理規則により、Operator は API バージョンに後方互換性がある限り、API バージョンに影響を与えずに API を更新することができます。

Operator の依存関係の場合、依存関係の API バージョンを把握するだけでは、依存する Operator が確実に意図された通りに機能することを確認できないことを意味します。

以下に例を示します。

  • TestOperator v1.0.0 は、v1alpha1 API バージョンの MyObject リソースを提供します。
  • TestOperator v1.0.1 は新しいフィールド spec.newfieldMyObject に追加しますが、v1alpha1 のままになります。

Operator では、spec.newfieldMyObject リソースに書き込む機能が必要になる場合があります。olm.gvk 制約のみでは、OLM で TestOperator v1.0.0 ではなく TestOperator v1.0.1 が必要であると判断することはできません。

可能な場合には、API を提供する特定の Operator が事前に分かっている場合、最小値を設定するために追加の olm.package 制約を指定します。

最大バージョンを省略するか、または幅広いバージョンを許可します。

Operator は API サービスや CRD などのクラスタースコープのリソースを提供するため、依存関係に小規模な範囲を指定する Operator は、その依存関係の他のコンシューマーの更新に不要な制約を加える可能性があります。

可能な場合は、最大バージョンを設定しないでください。または、他の Operator との競合を防ぐために、幅広いセマンティクスの範囲を設定します。例: >1.0.0 <2.0.0

従来のパッケージマネージャーとは異なり、Operator の作成者は更新が OLM のチャネルで更新を安全に行われるように Operator を明示的にエンコードします。更新が既存のサブスクリプションで利用可能な場合、Operator の作成者がこれが以前のバージョンから更新できることを示唆していることが想定されます。依存関係の最大バージョンを設定すると、特定の上限で不必要な切り捨てが行われることにより、作成者の更新ストリームが上書きされます。

注記

クラスター管理者は、Operator の作成者が設定した依存関係を上書きすることはできません。

ただし、回避する必要がある非互換性があることが分かっている場合は、最大バージョンを設定でき、およびこれを設定する必要があります。特定のバージョンは、バージョン範囲の構文 (例: 1.0.0 !1.2.1) で省略できます。

関連情報

2.4.4.8. 依存関係に関する注意事項

依存関係を指定する際には、考慮すべき注意事項があります。

複合制約がない (AND)

現時点で、制約の間に AND 関係を指定する方法はありません。つまり、ある Operator が、所定の API を提供し、バージョン >1.1.0 を持つ別の Operator に依存するように指定することはできません。

依存関係を指定すると、以下のようになります。

dependencies:
- type: olm.package
  value:
    packageName: etcd
    version: ">3.1.0"
- type: olm.gvk
  value:
    group: etcd.database.coreos.com
    kind: EtcdCluster
    version: v1beta2

OLM は EtcdCluster を提供する Operator とバージョン >3.1.0 を持つ Operator の 2 つの Operator で、上記の依存関係の例の条件を満たすことができる可能性があります。その場合や、または両方の制約を満たす Operator が選択されるかどうかは、選択できる可能性のあるオプションが参照される順序によって変わります。依存関係の設定および順序のオプションは十分に定義され、理にかなったものであると考えられますが、Operator は継続的に特定のメカニズムをベースとする必要があります。

namespace 間の互換性
OLM は namespace スコープで依存関係の解決を実行します。ある namespace での Operator の更新が別の namespace の Operator の問題となる場合、更新のデッドロックが生じる可能性があります。

2.4.4.9. 依存関係解決のシナリオ例

以下の例で、プロバイダー は CRD または API サービスを所有する Operator です。

例: 依存 API を非推奨にする

A および B は API (CRD):

  • A のプロバイダーは B によって異なる。
  • B のプロバイダーにはサブスクリプションがある。
  • B のプロバイダーは C を提供するように更新するが、B を非推奨にする。

この結果は以下のようになります。

  • B にはプロバイダーがなくなる。
  • A は機能しなくなる。

これは OLM がアップグレードストラテジーで回避するケースです。

例: バージョンのデッドロック

A および B は API である:

  • A のプロバイダーは B を必要とする。
  • B のプロバイダーは A を必要とする。
  • A のプロバイダーは (A2 を提供し、B2 を必要とするように) 更新し、A を非推奨にする。
  • B のプロバイダーは (B2 を提供し、A2 を必要とするように) 更新し、B を非推奨にする。

OLM が B を同時に更新せずに A を更新しようとする場合や、その逆の場合、OLM は、新しい互換性のあるセットが見つかったとしても Operator の新規バージョンに進むことができません。

これは OLM がアップグレードストラテジーで回避するもう 1 つのケースです。

2.4.4.10. Colocation of Operators in a namespace

Operator Lifecycle Manager (OLM) は、同じ namespace にインストールされている OLM 管理の Operator を処理します。つまり、それらの Subscription リソースは、関連する Operator として同じnamespaceに配置されます。それらが実際には関連していなくても、いずれかが更新されると、OLM はバージョンや更新ポリシーなどの状態を考慮します。

このデフォルトの動作は、次の 2 つの方法で現れます。

  • 保留中の更新の InstallPlan リソースには、同じ namespace にある他のすべての Operator の ClusterServiceVersion (CSV) リソースが含まれます。
  • 同じ namespace 内のすべての Operator は、同じ更新ポリシーを共有します。たとえば、1 つの Operator が手動更新に設定されている場合、他のすべての Operator の更新ポリシーも手動に設定されます。

これらのシナリオは、次の問題につながる可能性があります。

  • 更新された Operator だけでなく、より多くのリソースが定義されているため、Operator 更新のインストール計画について推論するのは難しくなります。
  • ネームスペース内の一部の Operator を自動的に更新し、他の Operator を手動で更新することは不可能になります。これは、クラスター管理者にとって一般的な要望です。

OpenShift Container Platform Web コンソールを使用して Operator をインストールすると、デフォルトの動作により、All namespaces インストールモードをサポートする Operator がデフォルトの openshift-operators グローバル namespace にインストールされるため、これらの問題は通常表面化します。

クラスター管理者は、次のワークフローを使用して、この既定の動作を手動でバイパスできます。

  1. Operator のインストール用の namespace を作成します。
  2. すべての namespace を監視する Operator グループである、カスタム グローバル Operator group を作成します。この Operator グループを作成した namespace に関連付けることで、インストール namespace がグローバル namespace になり、そこにインストールされた Operator がすべての namespace で使用できるようになります。
  3. 必要な Operator をインストール namespace にインストールします。

Operator に依存関係がある場合、依存関係は事前に作成された namespace に自動的にインストールされます。その結果、依存関係 Operator が同じ更新ポリシーと共有インストールプランを持つことが有効になります。詳細な手順については、カスタム namespace へのグローバル Operator のインストールを参照してください。

2.4.5. Operator グループ

以下では、OpenShift Container Platform で Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用した Operator グループの使用について説明します。

2.4.5.1. Operator グループについて

Operator グループ は、 OperatorGroup リソースによって定義され、マルチテナント設定を OLM でインストールされた Operator に提供します。Operator グループは、そのメンバー Operator に必要な RBAC アクセスを生成するために使用するターゲット namespace を選択します。

ターゲット namespace のセットは、クラスターサービスバージョン (CSV) の olm.targetNamespaces アノテーションに保存されるコンマ区切りの文字列によって指定されます。このアノテーションは、メンバー Operator の CSV インスタンスに適用され、それらのデプロインメントに展開されます。

2.4.5.2. Operator グループメンバーシップ

Operator は、以下の条件が true の場合に Operator グループの メンバー とみなされます。

  • Operator の CSV が Operator グループと同じ namespace にある。
  • Operator の CSV のインストールモードは Operator グループがターゲットに設定する namespace のセットをサポートする。

CSV のインストールモードは InstallModeType フィールドおよびブール値の Supported フィールドで設定されます。CSV の仕様には、4 つの固有の InstallModeTypes のインストールモードのセットを含めることができます。

表2.4 インストールモードおよびサポートされる Operator グループ

InstallMode タイプ説明

OwnNamespace

Operator は、独自の namespace を選択する Operator グループのメンバーにすることができます。

SingleNamespace

Operator は 1 つの namespace を選択する Operator グループのメンバーにすることができます。

MultiNamespace

Operator は複数の namespace を選択する Operator グループのメンバーにすることができます。

AllNamespaces

Operator はすべての namespace を選択する Operator グループのメンバーにすることができます (設定されるターゲット namespace は空の文字列 "" です)。

注記

CSV の仕様が InstallModeType のエントリーを省略する場合、そのタイプは暗黙的にこれをサポートする既存エントリーによってサポートが示唆されない限り、サポートされないものとみなされます。

2.4.5.3. ターゲット namespace の選択

spec.targetNamespaces パラメーターを使用して Operator グループのターゲット namespace に名前を明示的に指定することができます。

apiVersion: operators.coreos.com/v1
kind: OperatorGroup
metadata:
  name: my-group
  namespace: my-namespace
spec:
  targetNamespaces:
  - my-namespace

または、spec.selector パラメーターでラベルセレクターを使用して namespace を指定することもできます。

apiVersion: operators.coreos.com/v1
kind: OperatorGroup
metadata:
  name: my-group
  namespace: my-namespace
spec:
  selector:
    cool.io/prod: "true"
重要

spec.targetNamespaces で複数の namespace を一覧表示したり、spec.selector でラベルセレクターを使用したりすることは推奨されません。Operator グループの複数のターゲット namespace のサポートは今後のリリースで取り除かれる可能性があります。

spec.targetNamespacesspec.selector の両方が定義されている場合、 spec.selector は無視されます。または、spec.selectorspec.targetNamespaces の両方を省略し、global Operator グループを指定できます。これにより、すべての namespace が選択されます。

apiVersion: operators.coreos.com/v1
kind: OperatorGroup
metadata:
  name: my-group
  namespace: my-namespace

選択された namespace の解決済みのセットは Operator グループの status.namespaces パラメーターに表示されます。グローバル Operator グループの status.namespace には空の文字列 ("") が含まれます。 これは、消費する Operator に対し、すべての namespace を監視するように示唆します。

2.4.5.4. Operator グループの CSV アノテーション

Operator グループのメンバー CSV には以下のアノテーションがあります。

アノテーション説明

olm.operatorGroup=<group_name>

Operator グループの名前が含まれます。

olm.operatorNamespace=<group_namespace>

Operator グループの namespace が含まれます。

olm.targetNamespaces=<target_namespaces>

Operator グループのターゲット namespace 選択を一覧表示するコンマ区切りの文字列が含まれます。

注記

olm.targetNamespaces 以外のすべてのアノテーションがコピーされた CSV と共に含まれます。olm.targetNamespaces アノテーションをコピーされた CSV で省略すると、テナント間のターゲット namespace の重複が回避されます。

2.4.5.5. 提供される API アノテーション

group/version/kind(GVK) は Kubernetes API の一意の識別子です。Operator グループによって提供される GVK についての情報が olm.providedAPIs アノテーションに表示されます。アノテーションの値は、コンマで区切られた <kind>.<version>.<group> で設定される文字列です。Operator グループのすべてのアクティブメンバーの CSV によって提供される CRD および API サービスの GVK が含まれます。

PackageManifest リースを提供する単一のアクティブメンバー CSV を含む OperatorGroup オブジェクトの以下の例を確認してください。

apiVersion: operators.coreos.com/v1
kind: OperatorGroup
metadata:
  annotations:
    olm.providedAPIs: PackageManifest.v1alpha1.packages.apps.redhat.com
  name: olm-operators
  namespace: local
  ...
spec:
  selector: {}
  serviceAccount:
    metadata:
      creationTimestamp: null
  targetNamespaces:
  - local
status:
  lastUpdated: 2019-02-19T16:18:28Z
  namespaces:
  - local

2.4.5.6. ロールベースのアクセス制御

Operator グループの作成時に、3 つのクラスタールールが生成されます。それぞれには、以下に示すようにクラスターロールセレクターがラベルに一致するように設定された単一の集計ルールが含まれます。

クラスターロール一致するラベル

<operatorgroup_name>-admin

olm.opgroup.permissions/aggregate-to-admin: <operatorgroup_name>

<operatorgroup_name>-edit

olm.opgroup.permissions/aggregate-to-edit: <operatorgroup_name>

<operatorgroup_name>-view

olm.opgroup.permissions/aggregate-to-view: <operatorgroup_name>

以下の RBAC リソースは、CSV が AllNamespaces インストールモードのあるすべての namespace を監視しており、理由が InterOperatorGroupOwnerConflict の失敗状態にない限り、CSV が Operator グループのアクティブメンバーになる際に生成されます。

  • CRD からの各 API リソースのクラスターロール
  • API サービスからの各 API リソースのクラスターロール
  • 追加のロールおよびロールバインディング

表2.5 CRD からの各 API リソース用に生成されたクラスターロール

クラスターロール設定

<kind>.<group>-<version>-admin

<kind> の動詞

  • *

集計ラベル:

  • rbac.authorization.k8s.io/aggregate-to-admin: true
  • olm.opgroup.permissions/aggregate-to-admin: <operatorgroup_name>

<kind>.<group>-<version>-edit

<kind> の動詞

  • create
  • update
  • patch
  • delete

集計ラベル:

  • rbac.authorization.k8s.io/aggregate-to-edit: true
  • olm.opgroup.permissions/aggregate-to-edit: <operatorgroup_name>

<kind>.<group>-<version>-view

<kind> の動詞

  • get
  • list
  • watch

集計ラベル:

  • rbac.authorization.k8s.io/aggregate-to-view: true
  • olm.opgroup.permissions/aggregate-to-view: <operatorgroup_name>

<kind>.<group>-<version>-view-crdview

Verbs on apiextensions.k8s.io customresourcedefinitions <crd-name>:

  • get

集計ラベル:

  • rbac.authorization.k8s.io/aggregate-to-view: true
  • olm.opgroup.permissions/aggregate-to-view: <operatorgroup_name>

表2.6 API サービスから各 API リソース用に生成されたクラスターロール

クラスターロール設定

<kind>.<group>-<version>-admin

<kind> の動詞

  • *

集計ラベル:

  • rbac.authorization.k8s.io/aggregate-to-admin: true
  • olm.opgroup.permissions/aggregate-to-admin: <operatorgroup_name>

<kind>.<group>-<version>-edit

<kind> の動詞

  • create
  • update
  • patch
  • delete

集計ラベル:

  • rbac.authorization.k8s.io/aggregate-to-edit: true
  • olm.opgroup.permissions/aggregate-to-edit: <operatorgroup_name>

<kind>.<group>-<version>-view

<kind> の動詞

  • get
  • list
  • watch

集計ラベル:

  • rbac.authorization.k8s.io/aggregate-to-view: true
  • olm.opgroup.permissions/aggregate-to-view: <operatorgroup_name>

追加のロールおよびロールバインディング

  • CSV が * が含まれる 1 つのターゲット namespace を定義する場合、クラスターロールと対応するクラスターロールバインディングが CSV の permissions フィールドに定義されるパーミッションごとに生成されます。生成されたすべてのリソースには olm.owner: <csv_name> および olm.owner.namespace: <csv_namespace> ラベルが付与されます。
  • CSV が * が含まれる 1 つのターゲット namespace を定義 しない 場合、olm.owner: <csv_name> および olm.owner.namespace: <csv_namespace> ラベルの付いた Operator namespace にあるすべてのロールおよびロールバインディングがターゲット namespace にコピーされます。

2.4.5.7. コピーされる CSV

OLM は、それぞれの Operator グループのターゲット namespace の Operator グループのすべてのアクティブな CSV のコピーを作成します。コピーされる CSV の目的は、ユーザーに対して、特定の Operator が作成されるリソースを監視するように設定されたターゲット namespace について通知することにあります。

コピーされる CSV にはステータスの理由 Copied があり、それらのソース CSV のステータスに一致するように更新されます。olm.targetNamespaces アノテーションは、クラスター上でコピーされる CSV が作成される前に取られます。ターゲット namespace 選択を省略すると、テナント間のターゲット namespace の重複が回避されます。

コピーされる CSV はそれらのソース CSV が存在しなくなるか、またはそれらのソース CSV が属する Operator グループが、コピーされた CSV の namespace をターゲットに設定しなくなると削除されます。

注記

デフォルトでは、disableCopiedCSVs フィールドは無効になっています。disableCopiedCSVs フィールドを有効にすると、OLM はクラスター上の既存のコピーされた CSV を削除します。disableCopiedCSVs フィールドが無効になると、OLM はコピーされた CSV を再度追加します。

  • disableCopiedCSVs フィールドを無効にします。

    $ cat << EOF | oc apply -f -
    apiVersion: operators.coreos.com/v1
    kind: OLMConfig
    metadata:
      name: cluster
    spec:
      features:
        disableCopiedCSVs: false
    EOF
  • disableCopiedCSVs フィールドを有効にします。

    $ cat << EOF | oc apply -f -
    apiVersion: operators.coreos.com/v1
    kind: OLMConfig
    metadata:
      name: cluster
    spec:
      features:
        disableCopiedCSVs: true
    EOF

2.4.5.8. 静的 Operator グループ

Operator グループはその spec.staticProvidedAPIs フィールドが true に設定されると 静的 になります。その結果、OLM は Operator グループの olm.providedAPIs アノテーションを変更しません。つまり、これを事前に設定することができます。これは、ユーザーが Operator グループを使用して namespace のセットでリソースの競合を防ぐ必要がある場合で、それらのリソースの API を提供するアクティブなメンバーの CSV がない場合に役立ちます。

以下は、something.cool.io/cluster-monitoring: "true" アノテーションのあるすべての namespace の Prometheus リソースを保護する Operator グループの例です。

apiVersion: operators.coreos.com/v1
kind: OperatorGroup
metadata:
  name: cluster-monitoring
  namespace: cluster-monitoring
  annotations:
    olm.providedAPIs: Alertmanager.v1.monitoring.coreos.com,Prometheus.v1.monitoring.coreos.com,PrometheusRule.v1.monitoring.coreos.com,ServiceMonitor.v1.monitoring.coreos.com
spec:
  staticProvidedAPIs: true
  selector:
    matchLabels:
      something.cool.io/cluster-monitoring: "true"

2.4.5.9. Operator グループの交差部分

2 つの Operator グループは、それらのターゲット namespace セットの交差部分が空のセットではなく、olm.providedAPIs アノテーションで定義されるそれらの指定 API セットの交差部分が空のセットではない場合に、 交差部分のある指定 API があると見なされます。

これによって生じ得る問題として、交差部分のある指定 API を持つ複数の Operator グループは、一連の交差部分のある namespace で同じリソースに関して競合関係になる可能性があります。

注記

交差ルールを確認すると、Operator グループの namespace は常に選択されたターゲット namespace の一部として組み込まれます。

交差のルール

アクティブメンバーの CSV が同期する際はいつでも、OLM はクラスターで、CSV の Operator グループとそれ以外のすべての間での交差部分のある指定 API のセットについてクエリーします。その後、OLM はそのセットが空のセットであるかどうかを確認します。

  • true であり、CSV の指定 API が Operator グループのサブセットである場合:

    • 移行を継続します。
  • true であり、CSV の指定 API が Operator グループのサブセット ではない 場合:

    • Operator グループが静的である場合:

      • CSV に属するすべてのデプロイメントをクリーンアップします。
      • ステータスの理由 CannotModifyStaticOperatorGroupProvidedAPIs のある失敗状態に CSV を移行します。
    • Operator グループが静的 ではない 場合:

      • Operator グループの olm.providedAPIs アノテーションを、それ自体と CSV の指定 API の集合に置き換えます。
  • false であり、CSV の指定 API が Operator グループのサブセット ではない 場合:

    • CSV に属するすべてのデプロイメントをクリーンアップします。
    • ステータスの理由 InterOperatorGroupOwnerConflict のある失敗状態に CSV を移行します。
  • false であり、CSV の指定 API が Operator グループのサブセットである場合:

    • Operator グループが静的である場合:

      • CSV に属するすべてのデプロイメントをクリーンアップします。
      • ステータスの理由 CannotModifyStaticOperatorGroupProvidedAPIs のある失敗状態に CSV を移行します。
    • Operator グループが静的 ではない 場合:

      • Operator グループの olm.providedAPIs アノテーションを、それ自体と CSV の指定 API 間の差異部分に置き換えます。
注記

Operator グループによって生じる失敗状態は非終了状態です。

以下のアクションは、Operator グループが同期するたびに実行されます。

  • アクティブメンバーの CSV の指定 API のセットは、クラスターから計算されます。コピーされた CSV は無視されることに注意してください。
  • クラスターセットは olm.providedAPIs と比較され、olm.providedAPIs に追加の API が含まれる場合は、それらの API がプルーニングされます。
  • すべての namespace で同じ API を提供するすべての CSV は再びキューに入れられます。これにより、交差部分のあるグループ間の競合する CSV に対して、それらの競合が競合する CSV のサイズ変更または削除のいずれかによって解決されている可能性があることが通知されます。

2.4.5.10. マルチテナント Operator 管理の制限事項

OpenShift Container Platform は、異なるバージョンの Operator を同じクラスターに同時にインストールするための限定的なサポートを提供します。Operator Lifecycle Manager (OLM) は、Operator を異なる namespace に複数回インストールします。その 1 つの制約として、Operator の API バージョンは同じである必要があります。

Operator は、Kubernetes のグローバルリソースである CustomResourceDefinition オブジェクト (CRD) を使用するため、コントロールプレーンの拡張機能です。多くの場合、Operator の異なるメジャーバージョンには互換性のない CRD があります。これにより、クラスター上の異なる namespace に同時にインストールするのに互換性がなくなります。

すべてのテナントまたは namespace がクラスターの同じコントロールプレーンを共有します。したがって、マルチテナントクラスター内のテナントはグローバル CRD も共有するため、同じクラスターで同じ Operator の異なるインスタンスを並行して使用できるシナリオが制限されます。

サポートされているシナリオは次のとおりです。

  • まったく同じ CRD 定義を出荷する異なるバージョンのオペレーター (バージョン管理された CRD の場合、まったく同じバージョンのセット)
  • CRD を同梱せず、代わりに OperatorHub の別のバンドルで CRD を利用できる異なるバージョンの Operator

他のすべてのシナリオはサポートされていません。これは、異なる Operator バージョンからの複数の競合または重複する CRD が同じクラスター上で調整される場合、クラスターデータの整合性が保証されないためです。

2.4.5.11. Operator グループのトラブルシューティング

メンバーシップ
  • インストールプランの namespace には、Operator グループを 1 つだけ含める必要があります。namespace でクラスターサービスバージョン (CSV) を生成しようとすると、インストールプランでは、以下のシナリオの Operator グループが無効であると見なされます。

    • インストールプランの namespace に Operator グループが存在しない。
    • インストールプランの namespace に複数の Operator グループが存在する。
    • Operator グループに、正しくないサービスアカウント名または存在しないサービスアカウント名が指定されている。

    インストールプランで無効な Operator グループが検出された場合には、CSV は生成されず、InstallPlan リソースは関連するメッセージを出力して、インストールを続行します。たとえば、複数の Operator グループが同じ namespace に存在する場合に以下のメッセージが表示されます。

    attenuated service account query failed - more than one operator group(s) are managing this namespace count=2

    ここでは、count= は、namespace 内の Operator グループの数を指します。

  • CSV のインストールモードがその namespace で Operator グループのターゲット namespace 選択をサポートしない場合、CSV は UnsupportedOperatorGroup の理由で失敗状態に切り替わります。この理由で失敗した状態にある CSV は、Operator グループのターゲット namespace の選択がサポートされる設定に変更されるか、または CSV のインストールモードがターゲット namespace 選択をサポートするように変更される場合に、保留状態に切り替わります。

2.4.6. Operator 条件

以下では、Operator Lifecycle Manager (OLM) による Operator 条件の使用方法について説明します。

2.4.6.1. Operator 条件について

Operator のライフサイクル管理のロールの一部として、Operator Lifecycle Manager (OLM) は、Operator を定義する Kubernetes リソースの状態から Operator の状態を推測します。このアプローチでは、Operator が特定の状態にあることをある程度保証しますが、推測できない情報を Operator が OLM と通信して提供する必要がある場合も多々あります。続いて、OLM がこの情報を使用して、Operator のライフサイクルをより適切に管理することができます。

OLM は、Operator が OLM に条件について通信できる OperatorCondition というカスタムリソース定義 (CRD) を提供します。OperatorCondition リソースの Spec.Conditions 配列にある場合に、OLM による Operator の管理に影響するサポートされる条件のセットがあります。

注記

デフォルトでは、 Spec.Conditions配列は、ユーザーによって追加されるか、カスタム Operator ロジックの結果として追加されるまで、 Operator Conditionオブジェクトに存在しません。

2.4.6.2. サポートされる条件

Operator Lifecycle Manager (OLM) は、以下の Operator 条件をサポートします。

2.4.6.2.1. アップグレード可能な条件

Upgradeable Operator 条件は、既存のクラスターサービスバージョン (CSV) が、新規の CSV バージョンに置き換えられることを阻止します。この条件は、以下の場合に役に立ちます。

  • Operator が重要なプロセスを開始するところで、プロセスが完了するまでアップグレードしてはいけない場合
  • Operator が、Operator のアップグレードの準備ができる前に完了する必要のあるカスタムリソース (CR) の移行を実行している場合

Upgradeable Operator 条件の例

apiVersion: operators.coreos.com/v1
kind: OperatorCondition
metadata:
  name: my-operator
  namespace: operators
spec:
  conditions:
  - type: Upgradeable 1
    status: "False" 2
    reason: "migration"
    message: "The Operator is performing a migration."
    lastTransitionTime: "2020-08-24T23:15:55Z"

1
条件の名前。
2
False 値は、Operator のアップグレードの準備ができていないことを示します。OLM は、Operator の既存の CSV を置き換える CSV が Pending フェーズでなくなることを阻止します。

2.4.6.3. 関連情報

2.4.7. Operator Lifecycle Manager メトリック

2.4.7.1. 公開されるメトリック

Operator Lifecycle Manager (OLM) は、Prometheus ベースの OpenShift Container Platform クラスターモニターリングスタックで使用される特定の OLM 固有のリソースを公開します。

表2.7 OLM によって公開されるメトリック

名前説明

catalog_source_count

カタログソースの数。

catalogsource_ready

カタログソースの状態。値 1 は、カタログソースが READY 状態であることを示します。値 0 は、カタログソースが READY 状態ではないことを示します。

csv_abnormal

クラスターサービスバージョン (CSV) を調整する際に、(インストールされていない場合など) CSV バージョンが Succeeded 以外の状態にあることを表します。namenamespacephasereason、および version ラベルが含まれます。Prometheus アラートは、このメトリックが存在する場合に作成されます。

csv_count

正常に登録された CSV の数。

csv_succeeded

CSV を調整する際に、CSV バージョンが Succeeded 状態 (値 1) にあるか、またはそうでないか (値 0) を表します。namenamespace、および version ラベルが含まれます。

csv_upgrade_count

CSV アップグレードの単調 (monotonic) カウント。

install_plan_count

インストール計画の数。

installplan_warnings_total

インストール計画に含まれる非推奨のリソースなど、リソースによって生成される警告の個数。

olm_resolution_duration_seconds

依存関係解決の試行期間。

subscription_count

サブスクリプションの数。

subscription_sync_total

サブスクリプション同期の単調 (monotonic) カウント。channelinstalled CSV、およびサブスクリプション name ラベルが含まれます。

2.4.8. Operator Lifecycle Manager での Webhook の管理

Webhook により、リソースがオブジェクトストアに保存され、Operator コントローラーによって処理される前に、Operator の作成者はリソースのインターセプト、変更、許可、および拒否を実行することができます。Operator Lifecycle Manager (OLM) は、Operator と共に提供される際にこれらの Webhook のライフサイクルを管理できます。

Operator 開発者が自分の Operator に Webhook を定義する方法の詳細と、OLM で実行する場合の注意事項は、クラスターサービスのバージョン (CSV) を定義する を参照してください。

2.4.8.1. 関連情報