1.28. Logging 5.4.4

本リリースには、RHBA-2022:5907-OpenShift Logging バグ修正リリース 5.4.4 が含まれます。

1.28.1. バグ修正

  • 今回の更新以前は、ラテン文字以外の文字が Elasticsearch で正しく表示されませんでした。今回の更新により、Elasticsearch はすべての有効な UTF-8 シンボルを正しく表示します。(LOG-2794)
  • 今回の更新以前は、ラテン文字以外の文字が Fluentd で正しく表示されませんでした。今回の更新により、Fluentd はすべての有効な UTF-8 シンボルを正しく表示します。(LOG-2657)
  • この更新以前には、コレクターのメトリックサーバーは、環境値によって公開された値を使用してアドレスにバインドしようとしました。今回の変更により、使用可能なインターフェイスであればどれでもバインドするように設定が変更されます。(LOG-2821)
  • 今回の更新以前は、cluster-logging Operator はクラスターに依存してシークレットを作成していました。このクラスターの動作は OpenShift Container Platform 4.11 で変更されたことが原因で、ロギングデプロイメントに失敗しました。今回の更新により、cluster-logging Operator は必要に応じてシークレットを作成することで問題を解決します。(LOG-2840)

1.28.2. CVE