第7章 opm CLI

7.1. opm CLI のインストール

7.1.1. opm CLI について

opm CLI ツールは、Operator Bundle Format で使用するために Operator Framework によって提供されます。このツールを使用して、ソフトウェアリポジトリーに相当する Operator バンドルのリストから Operator のカタログを作成し、維持することができます。結果として、コンテナーイメージをコンテナーレジストリーに保存し、その後にクラスターにインストールできます。

カタログには、コンテナーイメージの実行時に提供される組み込まれた API を使用してクエリーできる、Operator マニフェストコンテンツへのポインターのデータベースが含まれます。OpenShift Container Platform では、Operator Lifecycle Manager (OLM) は、CatalogSource オブジェクトが定義したカタログソース内のイメージ参照できます。これにより、クラスター上にインストールされた Operator への頻度の高い更新を可能にするためにイメージを一定の間隔でポーリングできます。

関連情報

7.1.2. opm CLI のインストール

opm CLI ツールは、Linux、macOS、または Windows ワークステーションにインストールできます。

前提条件

  • Linux の場合は、以下のパッケージを指定する必要があります。RHEL 8 は、以下の要件を満たすようにします。

    • podman バージョン 1.9.3 以降 (バージョン 2.0 以降を推奨)
    • glibc バージョン 2.28 以降

手順

  1. OpenShift mirror site に移動し、お使いのオペレーティングシステムに一致する最新バージョンの tarball をダウンロードします。
  2. アーカイブを展開します。

    • Linux または macOS の場合:

      $ tar xvf <file>
    • Windows の場合、ZIP プログラムでアーカイブを展開します。
  3. ファイルを PATH の任意の場所に置きます。

    • Linux または macOS の場合:

      1. PATH を確認します。

        $ echo $PATH
      2. ファイルを移動します。以下に例を示します。

        $ sudo mv ./opm /usr/local/bin/
    • Windows の場合:

      1. PATH を確認します。

        C:\> path
      2. ファイルを移動します。

        C:\> move opm.exe <directory>

検証

  • opm CLI のインストール後に、これが利用可能であることを確認します。

    $ opm version

7.1.3. 関連情報