6.2. ワークロードの自動更新の設定

6.2.1. ワークロードの更新について

OpenShift Virtualization を更新すると、ライブマイグレーションをサポートしている場合には libvirtvirt-launcher、および qemu などの仮想マシンのワークロードが自動的に更新されます。

注記

各仮想マシンには、仮想マシンインスタンス (VMI) を実行する virt-launcher Pod があります。virt-launcher Pod は、仮想マシン (VM) のプロセスを管理するために使用される libvirt のインスタンスを実行します。

HyperConverged カスタムリソース (CR) の spec.workloadUpdateStrategy スタンザを編集して、ワークロードの更新方法を設定できます。ワークロードの更新方法として、LiveMigrateEvict の 2 つが利用可能です。

Evictメソッドは VMI Pod をシャットダウンするため、デフォルトではLiveMigrate更新ストラテジーのみが有効になっています。

LiveMigrateが有効な唯一の更新ストラテジーである場合:

  • ライブマイグレーションをサポートする VMI は更新プロセス時に移行されます。VM ゲストは、更新されたコンポーネントが有効になっている新しい Pod に移動します。
  • ライブマイグレーションをサポートしない VMI は中断または更新されません。

    • VMI にLiveMigrateエビクションストラテジーがあるが、ライブマイグレーションをサポートしていない場合、VMI は更新されません。

LiveMigrateEvictの両方を有効にした場合:

  • ライブマイグレーションをサポートする VMI は、 LiveMigrate更新ストラテジーを使用します。
  • ライブマイグレーションをサポートしない VMI は、 Evict更新ストラテジーを使用します。VMI が、runStrategyの値がalwaysであるVirtualMachineオブジェクトによって制御されている場合、新しい VMI は、コンポーネントが更新された新しい Pod に作成されます。
移行の試行とタイムアウト

ワークロードを更新するときに、Pod が次の期間Pending状態の場合、ライブマイグレーションは失敗します。

5 分間
Pod がUnschedulableであるために保留中の場合。
15 分
何らかの理由で Pod が保留状態のままになっている場合。

VMI が移行に失敗すると、 virt-controllerは VMI の移行を再試行します。すべての移行可能な VMI が新しいvirt-launcher Pod で実行されるまで、このプロセスが繰り返されます。ただし、VMI が不適切に設定されている場合、これらの試行は無限に繰り返される可能性があります。

注記

各試行は、移行オブジェクトに対応します。直近の 5 回の試行のみがバッファーに保持されます。これにより、デバッグ用の情報を保持しながら、移行オブジェクトがシステムに蓄積されるのを防ぎます。

6.2.2. ワークロードの更新方法の設定

HyperConvergedカスタムリソース (CR) を編集することにより、ワークロードの更新方法を設定できます。

前提条件

  • ライブマイグレーションを更新方法として使用するには、まずクラスターでライブマイグレーションを有効にする必要があります。

    注記

    VirtualMachineInstance CR に evictionStrategy: LiveMigrate が含まれており、仮想マシンインスタンス (VMI) がライブマイグレーションをサポートしない場合には、VMI は更新されません。

手順

  1. デフォルトエディターで HyperConverged CR を作成するには、以下のコマンドを実行します。

    $ oc edit hco -n openshift-cnv kubevirt-hyperconverged
  2. HyperConverged CR の workloadUpdateStrategy スタンザを編集します。以下に例を示します。

    apiVersion: hco.kubevirt.io/v1beta1
    kind: HyperConverged
    metadata:
      name: kubevirt-hyperconverged
    spec:
      workloadUpdateStrategy:
        workloadUpdateMethods: 1
        - LiveMigrate 2
        - Evict 3
        batchEvictionSize: 10 4
        batchEvictionInterval: "1m0s" 5
    ...
    1
    ワークロードの自動更新を実行するのに使用できるメソッド。設定可能な値は LiveMigrate および Evict です。上記の例のように両方のオプションを有効にした場合に、ライブマイグレーションをサポートする VMI には LiveMigrate を、ライブマイグレーションをサポートしない VMI には Evict を、更新に使用します。ワークロードの自動更新を無効にするには、workloadUpdateStrategyスタンザを削除するか、workloadUpdateMethods: [] を設定して配列を空のままにします。
    2
    中断を最小限に抑えた更新メソッド。ライブマイグレーションをサポートする VMI は、仮想マシン (VM) ゲストを更新されたコンポーネントが有効なっている新規 Pod に移行することで更新されます。LiveMigrate がリストされている唯一のワークロード更新メソッドである場合には、ライブマイグレーションをサポートしない VMI は中断または更新されません。
    3
    アップグレード時に VMI Pod をシャットダウンする破壊的な方法。Evict は、ライブマイグレーションがクラスターで有効でない場合に利用可能な唯一の更新方法です。VMI が runStrategy: always に設定された VirtualMachine オブジェクトによって制御される場合には、新規の VMI は、更新されたコンポーネントを使用して新規 Pod に作成されます。
    4
    Evictメソッドを使用して一度に強制的に更新できる VMI の数。これは、 LiveMigrateメソッドには適用されません。
    5
    次のワークロードバッチをエビクトするまで待機する間隔。これは、 LiveMigrateメソッドには適用されません。
    注記

    HyperConverged CR のspec.liveMigrationConfigスタンザを編集することにより、ライブマイグレーションの制限とタイムアウトを設定できます。

  3. 変更を適用するには、エディターを保存し、終了します。