5.3.2. アドオン Operator

Operator Lifecycle Manager (OLM) と OperatorHub は、OpenShift Container Platform のデフォルトのコンポーネントであり、Kubernetes ネイティブアプリケーションを Operator として管理するのに役立ちます。これらは一緒になって、クラスターで使用可能なオプションのアドオン Operator を検出、インストール、および管理するためのシステムを提供します。

OpenShift Container Platform Web コンソールで Operator Hub を使用すると、クラスター管理者および許可されたユーザーは、Operator のカタログからインストールするオペレーターを選択できます。OperatorHub から Operator をインストールすると、ユーザーアプリケーションで実行できるように、グローバルまたは特定の名前空間で使用できるようになります。

Red Hat Operator、認定 Operator、コミュニティー Operator を含むデフォルトのカタログソースが利用可能です。クラスター管理者は、独自のカスタムカタログソースを追加することもできます。このカタログソースには、カスタムの Operator セットを含めることができます。

開発者は Operator SDK を使用して、OLM 機能を利用するカスタム Operator の作成を支援することもできます。次に、それらの Operator をバンドルしてカスタムカタログソースに追加し、クラスターに追加してユーザーが利用できるようにすることができます。

注記

OLM は、OpenShift Container Platform アーキテクチャーを設定するクラスター Operator を管理しません。

関連情報