5.5.2. ホストされたコントロールプレーンの利点

OpenShift Container Platform のホストされたコントロールプレーンを使用すると、真のハイブリッドクラウドアプローチへの道を開き、その他にもいくつかの利点を享受できます。

  • コントロールプレーンが分離され、専用のホスティングサービスクラスターでホストされるため、管理とワークロードの間のセキュリティー境界が強化されます。その結果、クラスターのクレデンシャルが他のユーザーに漏洩する可能性が低くなります。インフラストラクチャーのシークレットアカウント管理も分離されているため、クラスターインフラストラクチャーの管理者が誤ってコントロールプレーンインフラストラクチャーを削除することはありません。
  • ホストされたコントロールプレーンを使用すると、より少ないノードで多くのコントロールプレーンを実行できます。その結果、クラスターはより安価になります。
  • コントロールプレーンは OpenShift Container Platform で起動される Pod で設定されるため、コントロールプレーンはすぐに起動します。同じ原則が、モニターリング、ロギング、自動スケーリングなどのコントロールプレーンとワークロードに適用されます。
  • インフラストラクチャーの観点から、レジストリー、HAProxy、クラスター監視、ストレージノードなどのインフラストラクチャーをテナントのクラウドプロバイダーのアカウントにプッシュして、テナントへの用途を分離します。
  • 運用上の観点からは、マルチクラスター管理はより集中化されているため、クラスターの状態と一貫性に影響を与える外部要因が少なくなります。Site Reliability Engineer は、一箇所で問題をデバッグして、クラスターのデータプレインを移動するので、解決までの時間 (TTR) が短縮され、生産性が向上されます。