5.2. OpenShift Container Platform のマシンのロール

OpenShift Container Platform はホストに複数の異なるロールを割り当てます。これらのロールは、クラスター内のマシンの機能を定義します。クラスターには、標準のマスターおよびワーカーのロールタイプの定義が含まれます。

注記

また、クラスターにはブートストラップロールの定義も含まれます。ブートストラップマシンが使用されるのはクラスターのインストール時のみであり、この機能については、クラスターインストールのドキュメントで説明されています。

5.2.1. コントロールプレーンとノードホストの互換性

OpenShift Container Platform のバージョンは、コントロールプレーンホストとノードホストの間で一致する必要があります。たとえば、4.11 クラスターでは、すべてのコントロールプレーンホストが 4.11 であり、すべてのノードが 4.11 である必要があります。

クラスターのアップグレード中の一時的な不一致は許容されます。たとえば、OpenShift Container Platform 4.10 から 4.11 にアップグレードする場合は、一部のノードが先に 4.11 にアップグレードされます。コントロールプレーンホストとノードホストのスキューが長引くと、古いコンピューティングマシンがバグや不足している機能にさらされる可能性があります。ユーザーは、スキューされたコントロールプレーンホストとノードホストをできるだけ早く解決する必要があります。

kubelet サービスは kube-apiserver よりも新しいものであってはならず、OpenShift Container Platform のバージョンが奇数か偶数かに応じて、最大 2 つのマイナーバージョンになる可能性があります。次の表は、適切なバージョンの互換性を示しています。

OpenShift Container Platform バージョンサポートされている kubelet スキュー

奇数の OpenShift Container Platform マイナーバージョン [1]

1 つ前のバージョンまで

偶数の OpenShift Container Platform のマイナーバージョン [2]

2 つ前のバージョンまで

  1. たとえば、OpenShift Container Platform 4.5、4.7、4.9、4.11 です。
  2. たとえば、OpenShift Container Platform 4.6、4.8、4.10 です。