4.6. Insights Operator の使用

Insights Operator は設定およびコンポーネントの障害ステータスを定期的に収集し、デフォルトで 2 時間ごとにそのデータを Red Hat に報告します。この情報により、Red Hat は設定や Telemetry で報告されるデータよりも深層度の高いデータを評価できます。OpenShift Container Platform のユーザーは、Red Hat Hybrid Cloud Console の Insights Advisor サービスにレポートを表示できます。

関連情報

4.6.1. Insights Operator アーカイブのダウンロード

Insights Operator は、収集したデータをクラスターの openshift-insights namespace にあるアーカイブに保存します。Insights Operator によって収集されたデータをダウンロードして確認できます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。

手順

  1. Insights Operator の実行中の Pod の名前を見つけます。

    $ oc get pods --namespace=openshift-insights -o custom-columns=:metadata.name --no-headers  --field-selector=status.phase=Running
  2. Insights Operator で収集される最近のデータアーカイブをコピーします。

    $ oc cp openshift-insights/<insights_operator_pod_name>:/var/lib/insights-operator ./insights-data 1
    1
    <insights_operator_pod_name> を、前のコマンドから出力された Pod 名に置き換えます。

最近の Insights Operator アーカイブが insights-data ディレクトリーで利用可能になります。