7.8. Source-to-Image (S2I) プロセスのトラブルシューティング

7.8.1. Source-to-Image (S2I) のトラブルシューティングのストラテジー

Source-to-Image (S2I) を使用して、再現可能な Docker 形式のコンテナーイメージをビルドします。アプリケーションソースコードをコンテナーイメージに挿入し、新規イメージをアセンブルして実行可能なイメージを作成できます。新規イメージには、ベースイメージ (ビルダー) およびビルドされたソースが組み込まれています。

S2I プロセスで障害が発生する場所を特定するには、以下の各 S2I ステージに関連する Pod の状態を確認できます。

  1. ビルド設定の段階 で、ビルド Pod はベースイメージおよびアプリケーションのソースコードからアプリケーションコンテナーイメージを作成するために使用されます。
  2. デプロイメント設定の段階 で、デプロイメント Pod はビルド設定段階でビルドされたアプリケーションコンテナーイメージからアプリケーション Pod をデプロイするために使用されます。デプロイメント Pod は、サービスやルートなどの他のリソースもデプロイします。デプロイメント設定は、ビルド設定が成功すると開始されます。
  3. デプロイメント Pod のアプリケーション Pod の起動後 に、アプリケーションの障害が実行中のアプリケーション Pod 内で発生する可能性があります。たとえば、アプリケーション Pod が Running 状態であっても、アプリケーションは予想通りに動作しない可能性があります。このシナリオでは、実行中のアプリケーション Pod にアクセスして、Pod 内のアプリケーションの障害を調査できます。

S2I の問題のトラブルシューティングを行う際には、以下のストラテジーに従います。

  1. ビルド、デプロイメント、およびアプリケーション Pod ステータスの監視
  2. 問題が発生した S2I プロセスのステージの判別
  3. 失敗したステージに対応するログの確認