7.6. Operator 関連の問題のトラブルシューティング

Operator は、OpenShift Container Platform アプリケーションをパッケージ化し、デプロイし、管理する方法です。Operator はソフトウェアベンダーのエンジニアリングチームの拡張機能のように動作し、OpenShift Container Platform 環境を監視し、その最新状態に基づいてリアルタイムの意思決定を行います。Operator はアップグレードをシームレスに実行し、障害に自動的に対応するように設計されており、時間の節約のためにソフトウェアのバックアッププロセスを省略するなどのショートカットを実行することはありません。

OpenShift Container Platform 4.10 には、クラスターの正常な機能に必要なデフォルトの Operator セットが含まれます。これらのデフォルト Operator は Cluster Version Operator (CVO) によって管理されます。

クラスター管理者は、OpenShift Container Platform Web コンソールまたは CLI を使用して OperatorHub からアプリケーション Operator をインストールできます。その後、Operator を 1 つまたは複数の namespace にサブスクライブし、クラスター上で開発者が使用できるようにできます。アプリケーション Operator は Operator Lifecycle Manager (OLM) によって管理されます。

Operator に問題が発生した場合には、Operator Subscription のステータスを確認します。クラスター全体で Operator Pod の正常性を確認し、診断用に Operator ログを収集します。

7.6.1. Operator サブスクリプションの状態のタイプ

サブスクリプションは状態についての以下のタイプを報告します。

表7.1 サブスクリプションの状態のタイプ

状態説明

CatalogSourcesUnhealthy

解決に使用される一部のまたはすべてのカタログソースは正常ではありません。

InstallPlanMissing

サブスクリプションのインストール計画がありません。

InstallPlanPending

サブスクリプションのインストール計画はインストールの保留中です。

InstallPlanFailed

サブスクリプションのインストール計画が失敗しました。

ResolutionFailed

サブスクリプションの依存関係の解決に失敗しました。

注記

デフォルトの OpenShift Container Platform クラスター Operator は Cluster Version Operator (CVO) によって管理され、これらの Operator には Subscription オブジェクトがありません。アプリケーション Operator は Operator Lifecycle Manager (OLM) によって管理され、それらには Subscription オブジェクトがあります。