7.6.6.2. CLI の使用による Machine Config Operator の自動再起動の無効化

Machine Config Operator (MCO) によって加えられる変更から生じる不要な中断を防ぐには、OpenShift CLI (oc) を使用してマシン設定プール (MCP) を変更し、MCO がそのプール内のノードに変更を加えられないようにすることができます。これにより、通常 MCO 更新プロセスの一部として実行される再起動ができなくなります。

注記

Disabling the Machine Config Operator from automatically rebooting の 2 つ目の NOTE を参照してください。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

自動 MCO 更新の再起動の一時停止または一時停止を解除するには、以下を実行します。

  • 自動再起動プロセスを一時停止します。

    1. MachineConfigPool カスタムリソースを、spec.paused フィールドを true に設定するように更新します。

      コントロールプレーン (マスター) ノード

      $ oc patch --type=merge --patch='{"spec":{"paused":true}}' machineconfigpool/master

      ワーカーノード

      $ oc patch --type=merge --patch='{"spec":{"paused":true}}' machineconfigpool/worker

    2. MCP が一時停止されていることを確認します。

      コントロールプレーン (マスター) ノード

      $ oc get machineconfigpool/master --template='{{.spec.paused}}'

      ワーカーノード

      $ oc get machineconfigpool/worker --template='{{.spec.paused}}'

      出力例

      true

      spec.paused フィールドは true であり、MCP は一時停止されます。

    3. MCP に保留中の変更があるかどうかを判別します。

      # oc get machineconfigpool

      出力例

      NAME     CONFIG                                             UPDATED   UPDATING
      master   rendered-master-33cf0a1254318755d7b48002c597bf91   True      False
      worker   rendered-worker-e405a5bdb0db1295acea08bcca33fa60   False     False

      UPDATED 列が False であり、UPDATINGFalse の場合は、保留中の変更があります。UPDATEDTrue であり、UPDATINGFalse の場合、保留中の変更はありません。この例では、ワーカーノードに保留中の変更があります。コントロールプレーンノードには保留中の変更がありません。

      重要

      保留中の変更がある場合 (Updated および Updating 列の両方が False の場合)、できるだけ早期に再起動のメンテナンス期間をスケジュールすることが推奨されます。自動再起動プロセスの一時停止を解除して、最後に再起動してからキューに追加された変更を適用するには、以下の手順に従います。

  • 自動再起動プロセスの一時停止を解除するには、以下を実行します。

    1. MachineConfigPool カスタムリソースを、spec.paused フィールドを false に設定するように更新します。

      コントロールプレーン (マスター) ノード

      $ oc patch --type=merge --patch='{"spec":{"paused":false}}' machineconfigpool/master

      ワーカーノード

      $ oc patch --type=merge --patch='{"spec":{"paused":false}}' machineconfigpool/worker

      注記

      MCP の一時停止を解除すると、MCO は一時停止したすべての変更を適用し、必要に応じて Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) を再起動します。

    2. MCP の一時停止が解除されていることを確認します。

      コントロールプレーン (マスター) ノード

      $ oc get machineconfigpool/master --template='{{.spec.paused}}'

      ワーカーノード

      $ oc get machineconfigpool/worker --template='{{.spec.paused}}'

      出力例

      false

      spec.paused フィールドは false であり、マシン設定プールの一時停止は解除されます。

    3. MCP に保留中の変更があるかどうかを判別します。

      $ oc get machineconfigpool

      出力例

      NAME     CONFIG                                   UPDATED  UPDATING
      master   rendered-master-546383f80705bd5aeaba93   True     False
      worker   rendered-worker-b4c51bb33ccaae6fc4a6a5   False    True

      MCP が保留中の変更を適用する場合、UPDATED 列は False で、UPDATING 列は True になります。UPDATEDTrue であり、UPDATINGFalse の場合、追加の変更は加えられません。直前の例では、MCO はワーカーノードを更新しています。