1.2. リモートヘルスモニターリングの問題

リモートヘルスモニターリングの問題: OpenShift Container Platform はクラスターの Telemetry および設定データを収集し、Telemeter Client および Insights Operator を使用してこのデータを Red Hat に報告します。Red Hat はこのデータを使用して、オンライン接続されたクラスター での問題を理解し、解決します。オンライン接続されたクラスターと同様に、ネットワークが制限された環境で、リモートヘルスモニターリングを使用 できます。OpenShift Container Platform は以下を使用してデータを収集して正常性を監視します。

  • Telemetry: Telemetry クライアントは、Red Hat に対して、4 分 30 秒ごとにメトリクス値を収集して、アップロードします。Red Hat はこのデータを使用して以下を行います。

    • クラスターの監視。
    • OpenShift Container Platform のアップグレードのロールアウト。
    • アップグレードエクスペリエンスの向上。
  • Insight Operator: デフォルトで、OpenShift Container Platform は Insight Operator をインストールして有効にし、2 時間ごとに設定およびコンポーネントの障害ステータスを報告します。Insight Operator は以下に役立ちます。

    • 発生する可能性のあるクラスターの問題を事前に特定しする。
    • Red Hat OpenShift Cluster Manager でソリューションと予防措置を提供する。

Telemetry 情報を確認 できます。

リモートヘルスレポートを有効にしている場合は、Insights を使用して問題を特定 します。必要に応じて、リモートヘルスレポートを無効にできます。