7.6.4. Operator Pod ステータスのクエリー

クラスター内の Operator Pod およびそれらのステータスを一覧表示できます。詳細な Operator Pod の要約を収集することもできます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • API サービスが機能している。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. クラスターで実行されている Operator を一覧表示します。出力には、Operator バージョン、可用性、およびアップタイムの情報が含まれます。

    $ oc get clusteroperators
  2. Operator の namespace で実行されている Operator Pod を一覧表示し、Pod のステータス、再起動、および経過時間を一覧表示します。

    $ oc get pod -n <operator_namespace>
  3. 詳細な Operator Pod の要約を出力します。

    $ oc describe pod <operator_pod_name> -n <operator_namespace>
  4. Operator の問題がノード固有の問題である場合、そのノードで Operator コンテナーのステータスをクエリーします。

    1. ノードのデバッグ Pod を起動します。

      $ oc debug node/my-node
    2. /host をデバッグシェル内の root ディレクトリーとして設定します。デバッグ Pod は、Pod 内の /host にホストの root ファイルシステムをマウントします。root ディレクトリーを /host に変更すると、ホストの実行パスに含まれるバイナリーを実行できます。

      # chroot /host
      注記

      Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) を実行する OpenShift Container Platform 4.10 クラスターノードは変更できず、Operator を使用してクラスターの変更を適用します。SSH を使用したクラスターノードへのアクセスは推奨されず、ノードは accessed のテイントのマークが付けられます。ただし、OpenShift Container Platform API が利用できない場合や、kubelet がターゲットノードで適切に機能しない場合、oc 操作がその影響を受けます。この場合は、代わりに ssh core@<node>.<cluster_name>.<base_domain> を使用してノードにアクセスできます。

    3. 状態および関連付けられた Pod ID を含む、ノードのコンテナーについての詳細を一覧表示します。

      # crictl ps
    4. ノード上の特定の Operator コンテナーについての情報を一覧表示します。以下の例では、network-operator コンテナーに関する情報を一覧表示します。

      # crictl ps --name network-operator
    5. デバッグシェルを終了します。