4.3. リモートヘルスレポートのオプトアウト

クラスターの健全性や使用状況についてのデータのレポートをオプトアウトする必要が生じる可能性があります。

リモートヘルスレポートをオプトアウトするには、以下を実行する必要があります。

  1. グローバルクラスタープルシークレットを変更 して、リモートヘルスレポートを無効にします。
  2. クラスターを更新 して、この変更されたプルシークレットを使用します。

4.3.1. リモートヘルスレポートを無効した場合の影響

OpenShift Container Platform では、使用状況についての情報のレポートをオプトアウトできます。ただし、接続クラスターは Red Hat が問題により迅速に対応し、お客様をより効果的にサポートし、製品のアップグレードによるクラスターへの影響をより明確に把握することを可能にします。また接続されたクラスターにより、サブスクリプションとエンタイトルメントのプロセスが単純化され、OpenShift Cluster Manager サービスによってクラスターおよびサブスクリプションのステータスについての概要を提供することが可能になります。

そのため、実稼働クラスターでのオプトアウトが必要な場合であっても、実稼働以前の環境やテストクラスターでは健全性および使用状況についてのレポートを有効な状態にしておくことが強く推奨されます。これにより、Red Hat は OpenShift Container Platform をご使用の環境に適合させ、製品関連の問題により迅速に対応する上で貢献することができます。

接続クラスターのオプトアウトによる影響には、以下が含まれます。

  • Red Hat はサポートケースが作成されない限り、製品アップグレードの正常性やクラスターの健全性を監視することができません。
  • Red Hat は設定データを使用して、お客様のサポートケースの優先付けや、お客様にとって重要な設定を特定することができません。
  • OpenShift Cluster Manager は健全性や使用状況についての情報を含むクラスターについてのデータを表示できません。
  • 使用状況の自動レポート機能を使用できないため、サブスクリプションのエンタイトルメント情報は console.redhat.com で手動で入力する必要があります。

ネットワークが制限された環境の場合も、プロキシーの適切な設定により Telemetry および Insights データは依然としてレポートされます。