7.6.3. CLI を使った Operator カタログソースのステータス表示

Operator カタログソースのステータスは、CLI を使って確認できます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. namespace のカタログソースを一覧表示します。例えば、クラスター全体のカタログソースに使用されている openshift-marketplacenamespace を確認することができます。

    $ oc get catalogsources -n openshift-marketplace

    出力例

    NAME                  DISPLAY               TYPE   PUBLISHER   AGE
    certified-operators   Certified Operators   grpc   Red Hat     55m
    community-operators   Community Operators   grpc   Red Hat     55m
    example-catalog       Example Catalog       grpc   Example Org 2m25s
    redhat-marketplace    Red Hat Marketplace   grpc   Red Hat     55m
    redhat-operators      Red Hat Operators     grpc   Red Hat     55m

  2. カタログソースの詳細やステータスを確認するには、oc describe コマンドを使用します。

    $ oc describe catalogsource example-catalog -n openshift-marketplace

    出力例

    Name:         example-catalog
    Namespace:    openshift-marketplace
    ...
    Status:
      Connection State:
        Address:              example-catalog.openshift-marketplace.svc:50051
        Last Connect:         2021-09-09T17:07:35Z
        Last Observed State:  TRANSIENT_FAILURE
      Registry Service:
        Created At:         2021-09-09T17:05:45Z
        Port:               50051
        Protocol:           grpc
        Service Name:       example-catalog
        Service Namespace:  openshift-marketplace

    前述の出力例では、最後に観測された状態が TRANSIENT_FAILURE となっています。この状態は、カタログソースの接続確立に問題があることを示しています。

  3. カタログソースが作成された namespace の Pod をリストアップします。

    $ oc get pods -n openshift-marketplace

    出力例

    NAME                                    READY   STATUS             RESTARTS   AGE
    certified-operators-cv9nn               1/1     Running            0          36m
    community-operators-6v8lp               1/1     Running            0          36m
    marketplace-operator-86bfc75f9b-jkgbc   1/1     Running            0          42m
    example-catalog-bwt8z                   0/1     ImagePullBackOff   0          3m55s
    redhat-marketplace-57p8c                1/1     Running            0          36m
    redhat-operators-smxx8                  1/1     Running            0          36m

    namespace にカタログソースを作成すると、その namespace にカタログソース用の Pod が作成されます。前述の出力例では、example-catalog-bwt8z Pod のステータスが ImagePullBackOff になっています。このステータスは、カタログソースのインデックスイメージのプルに問題があることを示しています。

  4. oc describe コマンドを使用して、より詳細な情報を得るために Pod を検査します。

    $ oc describe pod example-catalog-bwt8z -n openshift-marketplace

    出力例

    Name:         example-catalog-bwt8z
    Namespace:    openshift-marketplace
    Priority:     0
    Node:         ci-ln-jyryyg2-f76d1-ggdbq-worker-b-vsxjd/10.0.128.2
    ...
    Events:
      Type     Reason          Age                From               Message
      ----     ------          ----               ----               -------
      Normal   Scheduled       48s                default-scheduler  Successfully assigned openshift-marketplace/example-catalog-bwt8z to ci-ln-jyryyf2-f76d1-fgdbq-worker-b-vsxjd
      Normal   AddedInterface  47s                multus             Add eth0 [10.131.0.40/23] from openshift-sdn
      Normal   BackOff         20s (x2 over 46s)  kubelet            Back-off pulling image "quay.io/example-org/example-catalog:v1"
      Warning  Failed          20s (x2 over 46s)  kubelet            Error: ImagePullBackOff
      Normal   Pulling         8s (x3 over 47s)   kubelet            Pulling image "quay.io/example-org/example-catalog:v1"
      Warning  Failed          8s (x3 over 47s)   kubelet            Failed to pull image "quay.io/example-org/example-catalog:v1": rpc error: code = Unknown desc = reading manifest v1 in quay.io/example-org/example-catalog: unauthorized: access to the requested resource is not authorized
      Warning  Failed          8s (x3 over 47s)   kubelet            Error: ErrImagePull

    前述の出力例では、エラーメッセージは、カタログソースのインデックスイメージが承認問題のために正常にプルできないことを示しています。例えば、インデックスイメージがログイン認証情報を必要とするレジストリーに保存されている場合があります。