7.11. モニターリング関連の問題の調査

OpenShift Container Platform には、コアプラットフォームコンポーネントのモニターリングを提供する事前に設定され、事前にインストールされた自己更新型のモニターリングスタックが含まれます。OpenShift Container Platform 4.10 では、クラスター管理者はオプションでユーザー定義プロジェクトのモニターリングを有効にできます。

独自のメトリクスが利用できない場合や、Prometheus が多くのディスク領域を消費している場合、以下の手順を実行できます。

7.11.1. ユーザー定義のメトリクスが利用できない理由の調査

ServiceMonitor リソースを使用すると、ユーザー定義プロジェクトでサービスによって公開されるメトリクスの使用方法を判別できます。ServiceMonitor リソースを作成している場合で、メトリクス UI に対応するメトリクスが表示されない場合は、この手順で説明されるステップを実行します。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • ユーザー定義のワークロードのモニタリングを有効にし、設定している。
  • user-workload-monitoring-config ConfigMap オブジェクトを作成している。
  • ServiceMonitor リソースを作成している。

手順

  1. サービスおよび ServiceMonitor リソース設定で、対応するラベルの一致を確認 します。

    1. サービスに定義されたラベルを取得します。以下の例では、ns1 プロジェクトの prometheus-example-app サービスをクエリーします。

      $ oc -n ns1 get service prometheus-example-app -o yaml

      出力例

        labels:
          app: prometheus-example-app

    2. ServiceMonitor リソース設定の matchLabels app ラベルが直前のステップのラベルの出力と一致することを確認します。

      $ oc -n ns1 get servicemonitor prometheus-example-monitor -o yaml

      出力例

      spec:
        endpoints:
        - interval: 30s
          port: web
          scheme: http
        selector:
          matchLabels:
            app: prometheus-example-app

      注記

      プロジェクトの表示パーミッションを持つ開発者として、サービスおよび ServiceMonitor リソースラベルを確認できます。

  2. openshift-user-workload-monitoring プロジェクトの Prometheus Operator のログを検査します。

    1. openshift-user-workload-monitoring プロジェクトの Pod を一覧表示します。

      $ oc -n openshift-user-workload-monitoring get pods

      出力例

      NAME                                   READY   STATUS    RESTARTS   AGE
      prometheus-operator-776fcbbd56-2nbfm   2/2     Running   0          132m
      prometheus-user-workload-0             5/5     Running   1          132m
      prometheus-user-workload-1             5/5     Running   1          132m
      thanos-ruler-user-workload-0           3/3     Running   0          132m
      thanos-ruler-user-workload-1           3/3     Running   0          132m

    2. prometheus-operator Pod の prometheus-operator コンテナーからログを取得します。以下の例では、Pod は prometheus-operator-776fcbbd56-2nbfm になります。

      $ oc -n openshift-user-workload-monitoring logs prometheus-operator-776fcbbd56-2nbfm -c prometheus-operator

      サービスモニターに問題がある場合、ログには以下のようなエラーが含まれる可能性があります。

      level=warn ts=2020-08-10T11:48:20.906739623Z caller=operator.go:1829 component=prometheusoperator msg="skipping servicemonitor" error="it accesses file system via bearer token file which Prometheus specification prohibits" servicemonitor=eagle/eagle namespace=openshift-user-workload-monitoring prometheus=user-workload
  3. Prometheus UI でプロジェクトのターゲットステータスを直接確認します。

    1. openshift-user-workload-monitoring プロジェクトで Prometheus インスタンスへのポート転送を確立します。

      $ oc port-forward -n openshift-user-workload-monitoring pod/prometheus-user-workload-0 9090
    2. Web ブラウザーで http://localhost:9090/targets を開き、 Prometheus UI でプロジェクトのターゲットのステータスを直接確認します。ターゲットに関連するエラーメッセージがあるかどうかを確認します。
  4. openshift-user-workload-monitoring プロジェクトで Prometheus Operator のデバッグレベルのロギングを設定 します。

    1. openshift-user-workload-monitoring プロジェクトで user-workload-monitoring-config ConfigMap オブジェクトを編集します。

      $ oc -n openshift-user-workload-monitoring edit configmap user-workload-monitoring-config
    2. prometheusOperatorlogLevel: debugdata/config.yaml に追加し、ログレベルを debug に設定します。

      apiVersion: v1
      kind: ConfigMap
      metadata:
        name: user-workload-monitoring-config
        namespace: openshift-user-workload-monitoring
      data:
        config.yaml: |
          prometheusOperator:
            logLevel: debug
    3. 変更を適用するためにファイルを保存します。

      注記

      openshift-user-workload-monitoring プロジェクトの prometheus-operator は、ログレベルの変更時に自動的に再起動します。

    4. debug ログレベルが openshift-user-workload-monitoring プロジェクトの prometheus-operator デプロイメントに適用されていることを確認します。

      $ oc -n openshift-user-workload-monitoring get deploy prometheus-operator -o yaml |  grep "log-level"

      出力例

              - --log-level=debug

      debug レベルのロギングにより、Prometheus Operator によって行われるすべての呼び出しが表示されます。

    5. prometheus-operator Pod が実行されていることを確認します。

      $ oc -n openshift-user-workload-monitoring get pods
      注記

      認識されない Prometheus Operator の loglevel 値が設定マップに含まれる場合、prometheus-operator Pod が正常に再起動されない可能性があります。

    6. デバッグログを確認し、Prometheus Operator が ServiceMonitor リソースを使用しているかどうかを確認します。ログで他の関連するエラーの有無を確認します。

関連情報