7.6.5. Operator ログの収集

Operator の問題が発生した場合、Operator Pod ログから詳細な診断情報を収集できます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • API サービスが機能している。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • コントロールプレーンまたはコントロールプレーンマシンの完全修飾ドメイン名がある。

手順

  1. Operator の namespace で実行されている Operator Pod、Pod のステータス、再起動、および経過時間を一覧表示します。

    $ oc get pods -n <operator_namespace>
  2. Operator Pod のログを確認します。

    $ oc logs pod/<pod_name> -n <operator_namespace>

    Operator Pod に複数のコンテナーがある場合、前述のコマンドにより各コンテナーの名前が含まれるエラーが生成されます。個別のコンテナーからログをクエリーします。

    $ oc logs pod/<operator_pod_name> -c <container_name> -n <operator_namespace>
  3. API が機能しない場合には、代わりに SSH を使用して各コントロールプレーンノードで Operator Pod およびコンテナーログを確認します。<master-node>.<cluster_name>.<base_domain> を適切な値に置き換えます。

    1. 各コントロールプレーンノードの Pod を一覧表示します。

      $ ssh core@<master-node>.<cluster_name>.<base_domain> sudo crictl pods
    2. Operator Pod で Ready ステータスが表示されない場合は、Pod のステータスを詳細に検査します。<operator_pod_id> を直前のコマンドの出力に一覧表示されている Operator Pod の ID に置き換えます。

      $ ssh core@<master-node>.<cluster_name>.<base_domain> sudo crictl inspectp <operator_pod_id>
    3. Operator Pod に関連するコンテナーを一覧表示します。

      $ ssh core@<master-node>.<cluster_name>.<base_domain> sudo crictl ps --pod=<operator_pod_id>
    4. Ready ステータスが Operator コンテナーに表示されない場合は、コンテナーのステータスを詳細に検査します。<container_id> を前述のコマンドの出力に一覧表示されているコンテナー ID に置き換えます。

      $ ssh core@<master-node>.<cluster_name>.<base_domain> sudo crictl inspect <container_id>
    5. Ready ステータスが表示されない Operator コンテナーのログを確認します。<container_id> を前述のコマンドの出力に一覧表示されているコンテナー ID に置き換えます。

      $ ssh core@<master-node>.<cluster_name>.<base_domain> sudo crictl logs -f <container_id>
      注記

      Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) を実行する OpenShift Container Platform 4.10 クラスターノードは変更できず、Operator を使用してクラスターの変更を適用します。SSH を使用したクラスターノードへのアクセスは推奨されず、ノードは accessed のテイントのマークが付けられます。SSH 経由で診断データの収集を試行する前に、oc adm must gather およびその他の oc コマンドを実行して収集されるデータが十分であるかどうかを確認してください。ただし、OpenShift Container Platform API が利用できない場合や、kubelet がターゲットノードで適切に機能しない場合、oc 操作がその影響を受けます。この場合は、代わりに ssh core@<node>.<cluster_name>.<base_domain> を使用してノードにアクセスできます。