第5章 クラスターに関するデータの収集

サポートケースを作成する際、ご使用のクラスターについてのデバッグ情報を Red Hat サポートに提供していただくと Red Hat のサポートに役立ちます。

以下を提供することが推奨されます。

5.1. must-gather ツールについて

oc adm must-gather CLI コマンドは、以下のような問題のデバッグに必要となる可能性のあるクラスターからの情報を収集します。

  • リソース定義
  • サービスログ

デフォルトで、oc adm must-gather コマンドはデフォルトのプラグインイメージを使用し、./must-gather.local に書き込みを行います。

または、以下のセクションで説明されているように、適切な引数を指定してコマンドを実行すると、特定の情報を収集できます。

  • 1 つ以上の特定の機能に関連するデータを収集するには、以下のセクションに示すように、イメージと共に --image 引数を使用します。

    以下に例を示します。

    $ oc adm must-gather  --image=registry.redhat.io/container-native-virtualization/cnv-must-gather-rhel8:v4.10.0
  • 監査ログを収集するには、以下のセクションで説明されているように -- /usr/bin/gather_audit_logs 引数を使用します。

    以下に例を示します。

    $ oc adm must-gather -- /usr/bin/gather_audit_logs
    注記

    ファイルのサイズを小さくするために、監査ログはデフォルトの情報セットの一部として収集されません。

oc adm must-gather を実行すると、ランダムな名前を持つ新規 Pod がクラスターの新規プロジェクトに作成されます。データは Pod で収集され、must-gather.local で始まる新規ディレクトリーに保存されます。このディレクトリーは、現行の作業ディレクトリーに作成されます。

以下に例を示します。

NAMESPACE                      NAME                 READY   STATUS      RESTARTS      AGE
...
openshift-must-gather-5drcj    must-gather-bklx4    2/2     Running     0             72s
openshift-must-gather-5drcj    must-gather-s8sdh    2/2     Running     0             72s
...

5.1.1. Red Hat サポート用のクラスターについてのデータの収集

oc adm must-gather CLI コマンドを使用して、クラスターについてのデバッグ情報を収集できます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift Container Platform CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. must-gather データを保存するディレクトリーに移動します。

    注記

    クラスターがネットワークが制限された環境を使用している場合、追加の手順を実行する必要があります。ミラーレジストリーに信頼される CA がある場合、まず信頼される CA をクラスターに追加する必要があります。制限されたネットワーク上のすべてのクラスターの場合、デフォルトの must-gather イメージをイメージストリームとしてインポートする必要があります。

    $ oc import-image is/must-gather -n openshift
  2. oc adm must-gather コマンドを実行します。

    $ oc adm must-gather
    注記

    このコマンドは、デフォルトでランダムなコントロールプレーンノードを選択するため、Pod は NotReady および SchedulingDisabled 状態のコントロールプレーンノードにスケジュールされる場合があります。

    1. このコマンドが失敗する場合 (クラスターで Pod をスケジュールできない場合など)、oc adm inspect コマンドを使用して、特定リソースに関する情報を収集します。

      注記

      収集する推奨リソースについては、Red Hat サポートにお問い合わせください。

  3. 作業ディレクトリーに作成された must-gather ディレクトリーから圧縮ファイルを作成します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ tar cvaf must-gather.tar.gz must-gather.local.5421342344627712289/ 1
    1
    must-gather-local.5421342344627712289/ を実際のディレクトリー名に置き換えてください。
  4. 圧縮ファイルを Red Hat カスタマーポータル で作成したサポートケースに添付します。

5.1.2. 特定の機能に関するデータ収集

oc adm must-gather CLI コマンドを --image または --image-stream 引数と共に使用して、特定に機能についてのデバッグ情報を収集できます。must-gather ツールは複数のイメージをサポートするため、単一のコマンドを実行して複数の機能についてのデータを収集できます。

表5.1 サポート対象の must-gather イメージ

イメージ目的

registry.redhat.io/container-native-virtualization/cnv-must-gather-rhel8:v4.10.7

OpenShift Virtualization のデータ収集。

registry.redhat.io/openshift-serverless-1/svls-must-gather-rhel8

OpenShift Serverless のデータ収集。

registry.redhat.io/openshift-service-mesh/istio-must-gather-rhel8:2.3

Red Hat OpenShift Service Mesh のデータ収集。

registry.redhat.io/rhmtc/openshift-migration-must-gather-rhel8:v1.7

Migration Toolkit for Containers のデータ収集。

registry.redhat.io/odf4/ocs-must-gather-rhel8:v4.9

Red Hat OpenShift Data Foundation のデータ収集。

registry.redhat.io/openshift-logging/cluster-logging-rhel8-operator

OpenShift Logging のデータ収集。

registry.redhat.io/openshift4/ose-local-storage-mustgather-rhel8

ローカルストレージ Operator のデータ収集。

registry.redhat.io/openshift-sandboxed-containers/osc-must-gather-rhel8:1.2.0

OpenShift サンドボックスコンテナーのデータ収集。

registry.redhat.io/openshift4/poison-pill-must-gather-rhel8:v4.10

Poison Pill Operator および Node Health Check Operator のデータ収集。

registry.redhat.io/workload-availability/node-maintenance-must-gather-rhel8:v4.10.0

Node Maintenance Operator のデータ収集。

注記

特定の機能データに加えてデフォルトの must-gather データを収集するには、--image-stream=openshift/must-gather 引数を追加します。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift Container Platform CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. must-gather データを保存するディレクトリーに移動します。
  2. oc adm must-gather コマンドを 1 つまたは複数の --image または --image-stream 引数と共に実行します。たとえば、以下のコマンドは、デフォルトのクラスターデータと OpenShift Virtualization に固有の情報の両方を収集します。

    $ oc adm must-gather \
     --image-stream=openshift/must-gather \ 1
     --image=registry.redhat.io/container-native-virtualization/cnv-must-gather-rhel8:v4.10.7 2
    1
    デフォルトの OpenShift Container Platform must-gather イメージ
    2
    OpenShift Virtualization の must-gather イメージ

    must-gather ツールを追加の引数と共に使用し、OpenShift Logging およびクラスター内の Red Hat OpenShift Logging Operator に関連するデータを収集できます。OpenShift Logging の場合、以下のコマンドを実行します。

    $ oc adm must-gather --image=$(oc -n openshift-logging get deployment.apps/cluster-logging-operator \
     -o jsonpath='{.spec.template.spec.containers[?(@.name == "cluster-logging-operator")].image}')

    例5.1 OpenShift Logging の must-gather の出力例

    ├── cluster-logging
    │  ├── clo
    │  │  ├── cluster-logging-operator-74dd5994f-6ttgt
    │  │  ├── clusterlogforwarder_cr
    │  │  ├── cr
    │  │  ├── csv
    │  │  ├── deployment
    │  │  └── logforwarding_cr
    │  ├── collector
    │  │  ├── fluentd-2tr64
    │  ├── eo
    │  │  ├── csv
    │  │  ├── deployment
    │  │  └── elasticsearch-operator-7dc7d97b9d-jb4r4
    │  ├── es
    │  │  ├── cluster-elasticsearch
    │  │  │  ├── aliases
    │  │  │  ├── health
    │  │  │  ├── indices
    │  │  │  ├── latest_documents.json
    │  │  │  ├── nodes
    │  │  │  ├── nodes_stats.json
    │  │  │  └── thread_pool
    │  │  ├── cr
    │  │  ├── elasticsearch-cdm-lp8l38m0-1-794d6dd989-4jxms
    │  │  └── logs
    │  │     ├── elasticsearch-cdm-lp8l38m0-1-794d6dd989-4jxms
    │  ├── install
    │  │  ├── co_logs
    │  │  ├── install_plan
    │  │  ├── olmo_logs
    │  │  └── subscription
    │  └── kibana
    │     ├── cr
    │     ├── kibana-9d69668d4-2rkvz
    ├── cluster-scoped-resources
    │  └── core
    │     ├── nodes
    │     │  ├── ip-10-0-146-180.eu-west-1.compute.internal.yaml
    │     └── persistentvolumes
    │        ├── pvc-0a8d65d9-54aa-4c44-9ecc-33d9381e41c1.yaml
    ├── event-filter.html
    ├── gather-debug.log
    └── namespaces
       ├── openshift-logging
       │  ├── apps
       │  │  ├── daemonsets.yaml
       │  │  ├── deployments.yaml
       │  │  ├── replicasets.yaml
       │  │  └── statefulsets.yaml
       │  ├── batch
       │  │  ├── cronjobs.yaml
       │  │  └── jobs.yaml
       │  ├── core
       │  │  ├── configmaps.yaml
       │  │  ├── endpoints.yaml
       │  │  ├── events
       │  │  │  ├── elasticsearch-im-app-1596020400-gm6nl.1626341a296c16a1.yaml
       │  │  │  ├── elasticsearch-im-audit-1596020400-9l9n4.1626341a2af81bbd.yaml
       │  │  │  ├── elasticsearch-im-infra-1596020400-v98tk.1626341a2d821069.yaml
       │  │  │  ├── elasticsearch-im-app-1596020400-cc5vc.1626341a3019b238.yaml
       │  │  │  ├── elasticsearch-im-audit-1596020400-s8d5s.1626341a31f7b315.yaml
       │  │  │  ├── elasticsearch-im-infra-1596020400-7mgv8.1626341a35ea59ed.yaml
       │  │  ├── events.yaml
       │  │  ├── persistentvolumeclaims.yaml
       │  │  ├── pods.yaml
       │  │  ├── replicationcontrollers.yaml
       │  │  ├── secrets.yaml
       │  │  └── services.yaml
       │  ├── openshift-logging.yaml
       │  ├── pods
       │  │  ├── cluster-logging-operator-74dd5994f-6ttgt
       │  │  │  ├── cluster-logging-operator
       │  │  │  │  └── cluster-logging-operator
       │  │  │  │     └── logs
       │  │  │  │        ├── current.log
       │  │  │  │        ├── previous.insecure.log
       │  │  │  │        └── previous.log
       │  │  │  └── cluster-logging-operator-74dd5994f-6ttgt.yaml
       │  │  ├── cluster-logging-operator-registry-6df49d7d4-mxxff
       │  │  │  ├── cluster-logging-operator-registry
       │  │  │  │  └── cluster-logging-operator-registry
       │  │  │  │     └── logs
       │  │  │  │        ├── current.log
       │  │  │  │        ├── previous.insecure.log
       │  │  │  │        └── previous.log
       │  │  │  ├── cluster-logging-operator-registry-6df49d7d4-mxxff.yaml
       │  │  │  └── mutate-csv-and-generate-sqlite-db
       │  │  │     └── mutate-csv-and-generate-sqlite-db
       │  │  │        └── logs
       │  │  │           ├── current.log
       │  │  │           ├── previous.insecure.log
       │  │  │           └── previous.log
       │  │  ├── elasticsearch-cdm-lp8l38m0-1-794d6dd989-4jxms
       │  │  ├── elasticsearch-im-app-1596030300-bpgcx
       │  │  │  ├── elasticsearch-im-app-1596030300-bpgcx.yaml
       │  │  │  └── indexmanagement
       │  │  │     └── indexmanagement
       │  │  │        └── logs
       │  │  │           ├── current.log
       │  │  │           ├── previous.insecure.log
       │  │  │           └── previous.log
       │  │  ├── fluentd-2tr64
       │  │  │  ├── fluentd
       │  │  │  │  └── fluentd
       │  │  │  │     └── logs
       │  │  │  │        ├── current.log
       │  │  │  │        ├── previous.insecure.log
       │  │  │  │        └── previous.log
       │  │  │  ├── fluentd-2tr64.yaml
       │  │  │  └── fluentd-init
       │  │  │     └── fluentd-init
       │  │  │        └── logs
       │  │  │           ├── current.log
       │  │  │           ├── previous.insecure.log
       │  │  │           └── previous.log
       │  │  ├── kibana-9d69668d4-2rkvz
       │  │  │  ├── kibana
       │  │  │  │  └── kibana
       │  │  │  │     └── logs
       │  │  │  │        ├── current.log
       │  │  │  │        ├── previous.insecure.log
       │  │  │  │        └── previous.log
       │  │  │  ├── kibana-9d69668d4-2rkvz.yaml
       │  │  │  └── kibana-proxy
       │  │  │     └── kibana-proxy
       │  │  │        └── logs
       │  │  │           ├── current.log
       │  │  │           ├── previous.insecure.log
       │  │  │           └── previous.log
       │  └── route.openshift.io
       │     └── routes.yaml
       └── openshift-operators-redhat
          ├── ...
  3. oc adm must-gather コマンドを 1 つまたは複数の --image または --image-stream 引数と共に実行します。たとえば、以下のコマンドは、デフォルトのクラスターデータと KubeVirt に固有の情報の両方を収集します。

    $ oc adm must-gather \
     --image-stream=openshift/must-gather \ 1
     --image=quay.io/kubevirt/must-gather 2
    1
    デフォルトの OpenShift Container Platform must-gather イメージ
    2
    KubeVirt の must-gather イメージ
  4. 作業ディレクトリーに作成された must-gather ディレクトリーから圧縮ファイルを作成します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ tar cvaf must-gather.tar.gz must-gather.local.5421342344627712289/ 1
    1
    must-gather-local.5421342344627712289/ を実際のディレクトリー名に置き換えてください。
  5. 圧縮ファイルを Red Hat カスタマーポータル で作成したサポートケースに添付します。

5.1.3. 監査ログの収集

システムに影響を与えた一連のアクティビティーを個別のユーザー、管理者その他システムのコンポーネント別に記述したセキュリティー関連の時系列のレコードを提供する、監査ログを収集できます。以下に関する監査ログを収集できます。

  • etcd サーバー
  • Kubernetes API サーバー
  • OpenShift OAuth API サーバー
  • OpenShift API サーバー

手順

  1. -- /usr/bin/gather_audit_logs フラグを使用して oc adm must-gather コマンドを実行します。

    $ oc adm must-gather -- /usr/bin/gather_audit_logs
  2. 作業ディレクトリーに作成された must-gather ディレクトリーから圧縮ファイルを作成します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ tar cvaf must-gather.tar.gz must-gather.local.472290403699006248 1
    1
    must-gather-local.472290403699006248 は、実際のディレクトリー名に置き換えます。
  3. 圧縮ファイルを Red Hat カスタマーポータル で作成したサポートケースに添付します。