4.4. リモートヘルスレポートの有効化

組織がリモートヘルスレポートを無効にしている場合は、この機能を再度有効にできます。OpenShift Container Platform Web コンソールの概要ページの Status タイルに表示される Insights not available メッセージから、リモートヘルスレポートが無効にされていることが分かります。

リモートヘルスレポートを有効にするには、新しい認証トークンを使用して グローバルクラスタープルシークレットを変更 する必要があります。

注記

リモートヘルスレポートを有効にすると、Insights Operator と Telemetry の両方が有効になります。

4.4.1. グローバルクラスタープルシークレットの変更によるリモートヘルスレポートの有効化

既存のグローバルクラスタープルシークレットを変更して、リモートヘルスレポートを有効にすることができます。以前にリモートヘルスモニターリングを無効にしている場合に、まず Red Hat OpenShift Cluster Manager から console.openshift.com アクセストークンを使用して新しいプルシークレットをダウンロードする必要があります。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてのクラスターへのアクセスがあること。
  • OpenShift Cluster Manager へのアクセス。

手順

  1. https://console.redhat.com/openshift/downloads に移動します。
  2. TokensPull Secret から Download をクリックします。

    JSON 形式の cloud.openshift.com アクセストークンが含まれるファイル pull-secret.txt がダウンロードされます。

    {
      "auths": {
        "cloud.openshift.com": {
          "auth": "<your_token>",
          "email": "<email_address>"
        }
    }
  3. グローバルクラスタープルシークレットをローカルファイルシステムにダウンロードします。

    $ oc get secret/pull-secret -n openshift-config --template='{{index .data ".dockerconfigjson" | base64decode}}' > pull-secret
  4. プルシークレットのバックアップコピーを作成します。

    $ cp pull-secret pull-secret-backup
  5. テキストエディターで プルシークレット を開きます。
  6. pull-secret.txtcloud.openshift.com JSON エントリーを auths に追加します。
  7. ファイルを保存します。
  8. クラスターのシークレットを更新します。

    oc set data secret/pull-secret -n openshift-config --from-file=.dockerconfigjson=pull-secret

シークレットが更新され、クラスターがレポートを開始するまでに数分の時間がかかる場合があります。

検証

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールの概要ページに移動してログインします。
  2. Status タイルの Insights は検出された問題の数を報告します。