7.5.2.2. Open vSwitch のログレベルの恒久的な設定

Open vSwitch(OVS) のログレベルを長期的に変更する場合は、ログレベルを恒久的に変更することができます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. 以下の例のような MachineConfig オブジェクトで、99-change-ovs-loglevel.yaml のようなファイルを作成します。

    apiVersion: machineconfiguration.openshift.io/v1
    kind: MachineConfig
    metadata:
      labels:
        machineconfiguration.openshift.io/role: master  1
      name: 99-change-ovs-loglevel
    spec:
      config:
        ignition:
          version: 3.2.0
        systemd:
          units:
          - dropins:
            - contents: |
                [Service]
                  ExecStartPost=-/usr/bin/ovs-appctl vlog/set syslog:dbg  2
                  ExecReload=-/usr/bin/ovs-appctl vlog/set syslog:dbg
              name: 20-ovs-vswitchd-restart.conf
            name: ovs-vswitchd.service
    1
    この手順を実行してコントロールプレーンノードを設定した後、手順を繰り返し、ロールを worker に設定してワーカーノードを設定します。
    2
    syslog:<log_level> の値を設定します。ログレベルは offemererrwarninfo、または dbg です。値を off に設定すると、すべてのログメッセージが除外されます。
  2. マシン設定を適用します。

    $ oc apply -f 99-change-ovs-loglevel.yaml