7.10.3. Windows ノードへのアクセス

Windows ノードは oc debug node コマンドを使用してアクセスできません。このコマンドでは、ノードで特権付き Pod を実行する必要があります。これは Windows ではまだサポートされていません。代わりとして Windows ノードは、セキュアシェル (SSH) または Remote Desktop Protocol (RDP) を使用してアクセスできます。どちらの方法にも SSH bastion が必要です。

7.10.3.1. SSH を使用した Windows ノードへのアクセス

セキュアシェル (SSH) を使用して Windows ノードにアクセスできます。

前提条件

  • Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用して Windows Machine Config Operator (WMCO) をインストールしている。
  • Windows マシンセットを作成している。
  • cloud-private-key シークレットで使用されるキーおよび ssh-agent に対してクラスターを作成する際に使用されるキーを追加している。セキュリティー上の理由から、キーは使用後は ssh-agent から削除するようにしてください。
  • ssh-bastion Pod を使用して Windows ノードに接続している。

手順

  • 以下のコマンドを実行して Windows ノードにアクセスします。

    $ ssh -t -o StrictHostKeyChecking=no -o ProxyCommand='ssh -A -o StrictHostKeyChecking=no \
        -o ServerAliveInterval=30 -W %h:%p core@$(oc get service --all-namespaces -l run=ssh-bastion \
        -o go-template="{{ with (index (index .items 0).status.loadBalancer.ingress 0) }}{{ or .hostname .ip }}{{end}}")' <username>@<windows_node_internal_ip> 1 2
    1
    Amazon Web Services (AWS) の Administrator、または Microsoft Azure の capi などのクラウドプロバイダーのユーザー名を指定します。
    2
    以下のコマンドを実行して検出可能な、ノードの内部 IP アドレスを指定します。
    $ oc get nodes <node_name> -o jsonpath={.status.addresses[?\(@.type==\"InternalIP\"\)].address}