4.3. Node Feature Discovery Operator の使用

Node Feature Discovery (NFD) Operator は、NodeFeatureDiscovery CR を監視して Node-Feature-Discovery デーモンセットの実行に必要な全リソースをオーケストレーションします。NodeFeatureDiscovery CR に基づいて、Operator は任意の namespace にオペランド (NFD) コンポーネントを作成します。CR を編集して、他にあるオプションの中から、別の namespaceimageimagePullPolicy、および nfd-worker-conf を選択できます。

クラスター管理者は、OpenShift Container Platform CLI または Web コンソールを使用して NodeFeatureDiscovery を作成できます。

4.3.1. CLI を使用した NodeFeatureDiscovery インスタンスの作成

クラスター管理者は、CLI を使用して NodeFeatureDiscovery CR インスタンスを作成できます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスター。
  • OpenShift CLI (oc) をインストールしている。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてログインしている。
  • NFD Operator をインストールしている。

手順

  1. 以下の NodeFeatureDiscovery カスタムリソース (CR) を作成し、YAML を NodeFeatureDiscovery .yaml ファイルに保存します。

    apiVersion: nfd.openshift.io/v1
    kind: NodeFeatureDiscovery
    metadata:
      name: nfd-instance
      namespace: openshift-nfd
    spec:
      instance: "" # instance is empty by default
      topologyupdater: false # False by default
      operand:
        image: registry.redhat.io/openshift4/ose-node-feature-discovery:v4.10
        imagePullPolicy: Always
      workerConfig:
        configData: |
          core:
          #  labelWhiteList:
          #  noPublish: false
            sleepInterval: 60s
          #  sources: [all]
          #  klog:
          #    addDirHeader: false
          #    alsologtostderr: false
          #    logBacktraceAt:
          #    logtostderr: true
          #    skipHeaders: false
          #    stderrthreshold: 2
          #    v: 0
          #    vmodule:
          ##   NOTE: the following options are not dynamically run-time configurable
          ##         and require a nfd-worker restart to take effect after being changed
          #    logDir:
          #    logFile:
          #    logFileMaxSize: 1800
          #    skipLogHeaders: false
          sources:
            cpu:
              cpuid:
          #     NOTE: whitelist has priority over blacklist
                attributeBlacklist:
                  - "BMI1"
                  - "BMI2"
                  - "CLMUL"
                  - "CMOV"
                  - "CX16"
                  - "ERMS"
                  - "F16C"
                  - "HTT"
                  - "LZCNT"
                  - "MMX"
                  - "MMXEXT"
                  - "NX"
                  - "POPCNT"
                  - "RDRAND"
                  - "RDSEED"
                  - "RDTSCP"
                  - "SGX"
                  - "SSE"
                  - "SSE2"
                  - "SSE3"
                  - "SSE4.1"
                  - "SSE4.2"
                  - "SSSE3"
                attributeWhitelist:
            kernel:
              kconfigFile: "/path/to/kconfig"
              configOpts:
                - "NO_HZ"
                - "X86"
                - "DMI"
            pci:
              deviceClassWhitelist:
                - "0200"
                - "03"
                - "12"
              deviceLabelFields:
                - "class"
      customConfig:
        configData: |
              - name: "more.kernel.features"
                matchOn:
                - loadedKMod: ["example_kmod3"]

NFD ワーカーをカスタマイズする方法は、nfd-worker の設定ファイルリファレンス を参照してください。

  1. 以下のコマンドを実行し、NodeFeatureDiscovery CR インスタンスを作成します。

    $ oc create -f NodeFeatureDiscovery.yaml

検証

  • インスタンスが作成されたことを確認するには、以下を実行します。

    $ oc get pods

    出力例

    NAME                                      READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    nfd-controller-manager-7f86ccfb58-vgr4x   2/2     Running   0          11m
    nfd-master-hcn64                          1/1     Running   0          60s
    nfd-master-lnnxx                          1/1     Running   0          60s
    nfd-master-mp6hr                          1/1     Running   0          60s
    nfd-worker-vgcz9                          1/1     Running   0          60s
    nfd-worker-xqbws                          1/1     Running   0          60s

    正常にデプロイされると、Running ステータスが表示されます。

4.3.2. Web コンソールを使用した NodeFeatureDiscovery CR の作成

手順

  1. OperatorsInstalled Operators ページに移動します。
  2. Node Feature Discovery を見つけ、Provided APIs でボックスを表示します。
  3. Create instance をクリックします。
  4. NodeFeatureDiscovery CR の値を編集します。
  5. Create をクリックします。