第1章 Service Mesh 2.x

1.1. OpenShift Service Mesh について

注記

Red Hat OpenShift Service Mesh は OpenShift Container Platform とは異なる頻度でリリースされ、Red Hat OpenShift Service Mesh Operator は ServiceMeshControlPlane の複数のバージョンのデプロイをサポートしているため、Service Mesh のドキュメントでは、本製品のマイナーバージョン用に個別のドキュメントセットを維持していません。現在のドキュメントセットは、特定のトピックまたは特定の機能でバージョン固有の制限がない限り、現在サポートされている Service Mesh の最新バージョンに適用されます。

Red Hat OpenShift Service Mesh のライフサイクルとサポートされるプラットフォームに関する追加情報は、プラットフォームライフサイクルポリシー を参照してください。

1.1.1. Red Hat OpenShift Service Mesh の概要

Red Hat OpenShift Service Mesh は、アプリケーションで一元化された制御ポイントを作成して、マイクロサービスアーキテクチャーのさまざまな問題に対応します。OpenShift Service Mesh はアプリケーションコードを変更せずに、既存の分散アプリケーションに透過的な層を追加します。

マイクロサービスアーキテクチャーは、エンタープライズアプリケーションの作業をモジュールサービスに分割するため、スケーリングとメンテナンスが容易になります。ただし、マイクロサービスアーキテクチャー上に構築されるエンタープライズアプリケーションはサイズも複雑性も増すため、マイクロサービスアーキテクチャーの理解と管理は困難です。Service Mesh は、サービス間のトラフィックをキャプチャーしたり、インターセプトしたりして、他のサービスへの新規要求を変更、リダイレクト、または作成することによってこれらのアーキテクチャーの問題に対応できます。

オープンソースの Istio プロジェクト をベースにする Service Mesh では、検出、負荷分散、サービス間の認証、障害復旧、メトリクス、およびモニタリングを提供する、デプロイされたサービスのネットワークを簡単に作成できます。サービスメッシュは、A/B テスト、カナリアリリース、レート制限、アクセス制御、エンドツーエンド認証を含む、より複雑な運用機能を提供します。

1.1.2. コア機能

Red Hat OpenShift Service Mesh は、サービスのネットワーク全体で多数の主要機能を均一に提供します。

  • トラフィック管理: サービス間でトラフィックおよび API 呼び出しのフローを制御し、呼び出しの安定度を高め、不利な条件下でもネットワークの堅牢性を維持します。
  • サービス ID とセキュリティー: メッシュのサービスを検証可能な ID で指定でき、サービスのトラフィックがさまざまな信頼度のネットワークに送られる際にそのトラフィックを保護する機能を提供します。
  • ポリシーの適用: サービス間の対話に組織のポリシーを適用し、アクセスポリシーが適用され、リソースはコンシューマー間で均等に分散されるようにします。ポリシー変更は、アプリケーションコードを変更するのではなく、メッシュを設定して行います。
  • テレメトリー: サービス間の依存関係やそれらの間のトラフィックの性質やフローを理解するのに役立ち、問題を素早く特定できます。