2.4. Service Mesh のインストールの準備

警告

こちらは、サポートされなくなった Red Hat OpenShift Service Mesh リリースのドキュメントです。

Service Mesh バージョン 1.0 および 1.1 コントロールプレーンはサポートされなくなりました。Service Mesh コントロールプレーンのアップグレードは、Service Mesh の アップグレード を参照してください。

特定の Red Hat Service Mesh リリースのサポートステータスは、製品ライフサイクルページ を参照してください。

Red Hat OpenShift Service Mesh をインストールするには、インストールアクティビティーを確認し、前提条件を満たしていることを確認してください。

2.4.1. 前提条件

2.4.2. Red Hat OpenShift Service Mesh でサポートされている設定

以下は、Red Hat OpenShift Service Mesh で唯一サポートされている設定です。

  • OpenShift Container Platform バージョン 4.6 以降。
注記

OpenShift Online および Red Hat OpenShift Dedicated は Red Hat OpenShift Service Mesh に対してはサポートされていません。

  • デプロイメントは、フェデレーションされていない単一の OpenShift Container Platform クラスターに含まれる必要があります。
  • Red Hat OpenShift Service Mesh の本リリースは、OpenShift Container Platform x86_64 でのみ利用できます。
  • 本リリースでは、すべての Service Mesh コンポーネントが OpenShift Container Platform クラスターに含まれ、動作している設定のみをサポートしています。クラスター外にあるマイクロサービスの管理や、マルチクラスターシナリオにおけるマイクロサービスの管理はサポートしていません。
  • このリリースでは、仮想マシンなどの外部サービスを統合していない設定のみをサポートしています。

Red Hat OpenShift Service Mesh のライフサイクルおよびサポートされる設定の詳細は、サポートポリシー を参照してください。

2.4.2.1. Red Hat OpenShift Service Mesh でサポートされている Kiali の設定

  • Kiali の可観測性コンソールは Chrome、Edge、Firefox、または Safari ブラウザーの 2 つの最新リリースでのみサポートされています。

2.4.2.2. サポートされている Mixer アダプター

  • このリリースでは、次の Mixer アダプターのみをサポートしています。

    • 3scale Istio Adapter

2.4.3. Operator の概要

Red Hat OpenShift Service Mesh には、以下の 4 つの Operator が必要です。

  • OpenShift Elasticsearch:(オプション) 分散トレースプラットフォームでのトレースおよびロギング用にデータベースストレージを提供します。これはオープンソースの Elasticsearch プロジェクトに基づいています。
  • Red Hat OpenShift 分散トレースプラットフォーム: 複雑な分散システムでのトランザクションを監視し、トラブルシューティングするための分散トレース機能を提供します。これはオープンソースの Jaeger プロジェクトに基づいています。
  • Red Hat が提供する Kiali Operator: サービスメッシュの可観測性を提供します。これにより、単一のコンソールで設定を表示し、トラフィックを監視し、トレースの分析を実行できます。これはオープンソースの Kiali プロジェクトに基づいています。
  • Red Hat OpenShift Service Mesh: アプリケーションを設定するマイクロサービスを接続し、保護し、制御し、観察できます。Service Mesh Operator は、Service Mesh コンポーネントのデプロイメント、更新、および削除を管理する ServiceMeshControlPlane リソースを定義し、監視します。これはオープンソースの Istio プロジェクトに基づいています。
警告

実稼働環境で Elasticsearch のデフォルトの Jaeger パラメーターを設定する方法の詳細は、ログストアの設定 を参照してください。

2.4.4. 次のステップ