1.6. Service Mesh のインストールの準備

Red Hat OpenShift Service Mesh をインストールする前に、OpenShift Container Platform にサブスクライブし、サポート対象の設定で OpenShift Container Platform をインストールする必要があります。

1.6.1. 前提条件

Red Hat OpenShift Service Mesh のライフサイクルおよびサポートされるプラットフォームについての詳細は、サポートポリシーについて参照してください。

1.6.2. サポートされる構成

以下の設定は、Red Hat OpenShift Service Mesh の現行リリースでサポートされます。

1.6.2.1. サポート対象プラットフォーム

Red Hat OpenShift Service Mesh Operator は、複数のバージョンの ServiceMeshControlPlane リソースをサポートします。バージョン 2.4 の Service Mesh コントロールプレーンは、以下のプラットフォームバージョンでサポートされます。

  • Red Hat OpenShift Container Platform バージョン 4.10 以降
  • Red Hat OpenShift Dedicated バージョン 4
  • Azure Red Hat OpenShift (ARO) バージョン 4
  • Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA)

1.6.2.2. サポートされない設定

明示的にサポート対象外とされているケースには、以下が含まれます。

  • OpenShift Online は Red Hat OpenShift Service Mesh に対してはサポートされていません。
  • Red Hat OpenShift Service Mesh では、Service Mesh が実行されているクラスター以外にあるマイクロサービスの管理はサポートしていません。

1.6.2.3. サポートされるネットワーク設定

Red Hat OpenShift Service Mesh は以下のネットワーク設定をサポートします。

  • OpenShift-SDN
  • OVN-Kubernetes は、サポートされているすべてのバージョンの OpenShift Container Platform で使用できます。
  • OpenShift Container Platform で認定され、さらに Service Mesh 適合テストに合格したサードパーティーの Container Network Interface(CNI) プラグイン。詳細は、認定 OpenShift CNI プラグイン を参照してください。

1.6.2.4. Service Mesh でサポートされる設定

  • Red Hat OpenShift Service Mesh の本リリースは、OpenShift Container Platform x86_64、IBM Z、および IBM Power でのみ利用できます。

    • IBM Z は OpenShift Container Platform 4.10 以降でのみサポートされます。
    • IBM Power は OpenShift Container Platform 4.10 以降でのみサポートされます。
  • すべての Service Mesh コンポーネントが単一の OpenShift Container Platform クラスター内に含まれる設定。
  • 仮想マシンなどの外部サービスを統合しない設定。
  • Red Hat OpenShift Service Mesh は、明示的に文書化されている場合を除き、EnvoyFilter の設定はサポートしていません。

1.6.2.5. Kiali のサポートされる設定

  • Kiali コンソールは、Google Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefox、または Apple Safari ブラウザーの最新の 2 つのリリースでのみサポートされています。
  • OpenShift 認証ストラテジーは、Kiali が Red Hat OpenShift Service Mesh (OSSM) とともにデプロイされている場合にサポートされる唯一の認証設定です。openshift ストラテジーは、OpenShift Container Platform の個人のロールベースのアクセス制御 (RBAC) ロールに基づいてアクセスを制御します。

1.6.2.6. 分散トレースのサポートされる設定

  • サイドカーとしての Jaeger エージェントは、Jaeger でサポートされる唯一の設定です。デーモンセットとしての Jaeger はマルチテナントインストールまたは OpenShift Dedicated ではサポートされません。

1.6.2.7. サポート対象の WebAssembly モジュール

  • 3scale WebAssembly は、提供されている唯一の WebAssembly モジュールです。カスタム WebAssembly モジュールを作成できます。

1.6.3. 次のステップ