1.4. サービスメッシュのデプロイメントモデル

Red Hat OpenShift Service Mesh は、さまざまなデプロイメントモデルを複数サポートし、ビジネス要件に最も適合するように、各種方法を組み合わせることができます。

Istio では、テナントはデプロイされたワークロードで共通のアクセスおよび権限を共有するユーザーのグループです。テナントを使用して、異なるチーム間で一定レベルの分離を確保できます。Istio.io またはサービスリソースの NetworkPoliciesAuthorizationPolicies、および exportTo アノテーションを使用して、異なるテナントへのアクセスを分離できます。

1.4.1. クラスター全体 (シングルテナント) メッシュデプロイメントモデル

クラスター全体のデプロイメントには、クラスター全体のリソースを監視する Service Mesh Control Plane が含まれます。クラスター全体のリソースの監視は、コントロールプレーンがすべての名前空間にわたって単一のクエリーを使用して Istio および Kubernetes リソースを監視するという点で、Istio の機能によく似ています。その結果、クラスター全体のデプロイメントにより、API サーバーに送信されるリクエストの数が減少します。

Istio と同様に、クラスター全体のメッシュには、デフォルトで istio-injection=enabled 名前空間ラベルが付いた名前空間が含まれます。このラベルを変更するには、ServiceMeshMemberRoll リソースの spec.labelSelectors フィールドを変更します。

1.4.2. マルチテナントデプロイメントモデル

Red Hat OpenShift Service Mesh は、デフォルトでマルチテナントとして設定される ServiceMeshControlPlane をインストールします。Red Hat OpenShift Service Mesh はマルチテナント Operator を使用して、Service Mesh コントロールプレーンのライフサイクルを管理します。メッシュ内では、テナントに namespace が使用されます。

Red Hat OpenShift Service Mesh は ServiceMeshControlPlane リソースを使用してメッシュインストールを管理します。メッシュのインストールのスコープはデフォルトでは、リソースを含む namespace に限定されます。ServiceMeshMemberRoll および ServiceMeshMember リソースを使用して、別の namespace をメッシュに追加します。Namespace は単一のメッシュにのみ組み込むことができ、複数のメッシュを単一の OpenShift クラスターにインストールできます。

通常のサービスメッシュデプロイメントでは、単一の Service Mesh コントロールプレーンを使用してメッシュ内のサービス間の通信を設定します。Red Hat OpenShift Service Mesh はテナントごとにコントロールプレーン 1 つと、メッシュが 1 つあるソフトマルチテナンシーをサポートします。クラスター内には、複数の独立したコントロールプレーンが存在させることができます。マルチテナントのデプロイメントでは、Service Mesh にアクセスできるプロジェクトを指定し、Service Mesh を他のコントロールプレーンインスタンスから分離します。

クラスター管理者はすべての Istio コントロールプレーンを制御して、表示できますが、テナント管理者は特定の Service Mesh、Kiali、および Jaeger インスタンスしか制御できません。

指定の namespace または namespace 設定だけにワークロードをデプロイするチームパーミッションを付与できます。サービスメッシュ管理者が mesh-user ロールを付与していると、ユーザーは ServiceMeshMember リソースを作成して namespace を ServiceMeshMemberRoll に追加できます。

1.4.3. マルチテーマまたはフェデレーションされたデプロイメントモデル

フェデレーション は、個別の管理ドメインで管理される個別のメッシュ間でサービスとワークロードを共有できるデプロイメントモデルです。

Istio マルチクラスターモデルでは、メッシュ間だで高いレベルの信頼が必要なだけでなく、個々のメッシュが存在するすべての Kubernetes API サーバーへのリモートアクセスも必要です。Red Hat OpenShift Service Mesh のフェデレーションは、メッシュ間の最小限の信頼を前提とする Service Mesh のマルチクラスター実装に対して独自のアプローチを採用しています。

フェデレーションされたメッシュ は、単一のメッシュとして動作させるメッシュのグループです。各メッシュのサービスは、独自のサービスにできます。たとえば、別のメッシュからサービスをインポートすることでサービスを追加するメッシュは、メッシュ全体で同じサービスにさらにワークロードを追加し、高可用性を提供することや、その両方を組み合わせることができます。フェデレーションされたメッシュに参加するすべてのメッシュは個別に管理されたままなので、フェデレーション内の他のメッシュとの間でエクスポートやインポートされるサービスを明示的に設定する必要があります。証明書の生成、メトリクス、トレース収集などのサポート機能は、それぞれのメッシュのローカルで機能します。