2.6. Image Registry Operator のストレージ認証情報の設定

configs.imageregistry.operator.openshift.io および ConfigMap リソースの他にも、openshift-image-registry namespace 内の別のシークレットリソースによってストレージの認証情報の設定が Operator に提供されます。

image-registry-private-configuration-user シークレットは、ストレージのアクセスおよび管理に必要な認証情報を提供します。これは、デフォルト認証情報が見つからない場合に Operator が使用するデフォルト認証情報をオーバーライドします。

手順

  • 必要なキーが含まれる OpenShift Container Platform シークレットを作成します。

    $ oc create secret generic image-registry-private-configuration-user --from-literal=KEY1=value1 --from-literal=KEY2=value2 --namespace openshift-image-registry