6.12. プロジェクトレベルの制限

オーバーコミットを制御するには、プロジェクトごとのリソース制限の範囲を設定し、オーバーコミットが超過できないプロジェクトのメモリーおよび CPU 制限およびデフォルト値を指定できます。

プロジェクトレベルのリソース制限の詳細は、関連情報を参照してください。

または、特定のプロジェクトのオーバーコミットを無効にすることもできます。

6.12.1. プロジェクトでのオーバーコミットメントの無効化

有効にされているオーバーコミットメントをプロジェクトごとに無効にすることができます。たとえば、インフラストラクチャーコンポーネントはオーバーコミットメントから独立して設定できます。

手順

プロジェクト内のオーバーコミットメントを無効にするには、以下の手順を実行します。

  1. namespace オブジェクトを編集して、次のアノテーションを追加します。

    apiVersion: v1
    kind: Namespace
    metadata:
      annotations:
        quota.openshift.io/cluster-resource-override-enabled: "false" 1
    # ...
    1
    このアノテーションを false に設定すると、この namespace のオーバーコミットが無効になります。