28.4. OpenShift Container Platform の Network Observability Operator

Network Observability は、Network Observability eBPF agent によって生成されるネットワークトラフィックフローを収集および強化するためにモニタリングパイプラインをデプロイする OpenShift Operator です。

28.4.1. 状況の表示

Network Observability Operator は Flow Collector API を提供します。Flow Collector リソースが作成されると、Pod とサービスをデプロイしてネットワークフローを作成して Loki ログストアに保存し、ダッシュボード、メトリクス、およびフローを OpenShift Container Platform Web コンソールに表示します。

手順

  1. 次のコマンドを実行して、FlowCollector の状態を表示します。

    $ oc get flowcollector/cluster

    出力例

    NAME      AGENT   SAMPLING (EBPF)   DEPLOYMENT MODEL   STATUS
    cluster   EBPF    50                DIRECT             Ready

  2. 次のコマンドを実行して、netobserv namespace で実行している Pod のステータスを確認します。

    $ oc get pods -n netobserv

    出力例

    NAME                              READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    flowlogs-pipeline-56hbp           1/1     Running   0          147m
    flowlogs-pipeline-9plvv           1/1     Running   0          147m
    flowlogs-pipeline-h5gkb           1/1     Running   0          147m
    flowlogs-pipeline-hh6kf           1/1     Running   0          147m
    flowlogs-pipeline-w7vv5           1/1     Running   0          147m
    netobserv-plugin-cdd7dc6c-j8ggp   1/1     Running   0          147m

flowlogs-pipeline Pod はフローを収集し、収集したフローを充実させてから、フローを Loki ストレージに送信します。netobserv-plugin Pod は、OpenShift Container Platform コンソール用の視覚化プラグインを作成します。

  1. 次のコマンドを入力して、namespace netobserv-privileged で実行している Pod のステータスを確認します。

    $ oc get pods -n netobserv-privileged

    出力例

    NAME                         READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    netobserv-ebpf-agent-4lpp6   1/1     Running   0          151m
    netobserv-ebpf-agent-6gbrk   1/1     Running   0          151m
    netobserv-ebpf-agent-klpl9   1/1     Running   0          151m
    netobserv-ebpf-agent-vrcnf   1/1     Running   0          151m
    netobserv-ebpf-agent-xf5jh   1/1     Running   0          151m

netobserv-ebpf-agent Pod は、ノードのネットワークインターフェイスを監視してフローを取得し、それを flowlogs-pipeline Pod に送信します。

  1. Loki Operator を使用している場合は、次のコマンドを実行して、openshift-operators-redhat namespace で実行している Pod のステータスを確認します。

    $ oc get pods -n openshift-operators-redhat

    出力例

    NAME                                                READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    loki-operator-controller-manager-5f6cff4f9d-jq25h   2/2     Running   0          18h
    lokistack-compactor-0                               1/1     Running   0          18h
    lokistack-distributor-654f87c5bc-qhkhv              1/1     Running   0          18h
    lokistack-distributor-654f87c5bc-skxgm              1/1     Running   0          18h
    lokistack-gateway-796dc6ff7-c54gz                   2/2     Running   0          18h
    lokistack-index-gateway-0                           1/1     Running   0          18h
    lokistack-index-gateway-1                           1/1     Running   0          18h
    lokistack-ingester-0                                1/1     Running   0          18h
    lokistack-ingester-1                                1/1     Running   0          18h
    lokistack-ingester-2                                1/1     Running   0          18h
    lokistack-querier-66747dc666-6vh5x                  1/1     Running   0          18h
    lokistack-querier-66747dc666-cjr45                  1/1     Running   0          18h
    lokistack-querier-66747dc666-xh8rq                  1/1     Running   0          18h
    lokistack-query-frontend-85c6db4fbd-b2xfb           1/1     Running   0          18h
    lokistack-query-frontend-85c6db4fbd-jm94f           1/1     Running   0          18h

28.4.2. Network Observability Operator のステータスと設定の表示

oc describe コマンドを使用して、ステータスを検査し、flowcollector の詳細を表示できます。

手順

  1. 次のコマンドを実行して、Network Observability Operator のステータスと設定を表示します。

    $ oc describe flowcollector/cluster