19.5. IPsec 暗号化の設定

IPsec を有効にすると、OVN-Kubernetes Container Network Interface (CNI) クラスターネットワーク上のノード間のすべてのネットワークトラフィックは暗号化されたトンネルを通過します。

IPsec はデフォルトで無効にされています。

注記

IPsec 暗号化はクラスターのインストール時にのみ有効にでき、有効にした後は無効にすることはできません。インストールのドキュメントについては、クラスターインストール方法の選択およびその使用に向けた準備 について参照してください。

19.5.1. IPsec で暗号化したネットワークトラフィックフローのタイプ

IPsec を有効にすると、Pod 間の以下のネットワークトラフィックフローのみが暗号化されます。

  • クラスターネットワーク上の複数の異なるノードの Pod 間のトラフィック
  • ホストネットワークの Pod からクラスターネットワーク上の Pod へのトラフィック

以下のトラフィックフローは暗号化されません。

  • クラスターネットワーク上の同じノードの Pod 間のトラフィック
  • ホストネットワーク上の Pod 間のトラフィック
  • クラスターネットワークの Pod からホストネットワークの Pod へのトラフィック

暗号化されていないフローと暗号化されていないフローを以下の図に示します。

IPsec の暗号化および暗号化されていないトラフィックフロー

19.5.1.1. IPsec が有効になっている場合のネットワーク接続要件

OpenShift Container Platform クラスターのコンポーネントが通信できるように、マシン間のネットワーク接続を設定する必要があります。すべてのマシンではクラスターの他のすべてのマシンのホスト名を解決できる必要があります。

表19.7 すべてのマシンからすべてのマシンへの通信に使用されるポート

プロトコルポート説明

UDP

500

IPsec IKE パケット

4500

IPsec NAT-T パケット

ESP

該当なし

IPsec Encapsulating Security Payload (ESP)

19.5.2. 暗号化プロトコルおよび IPsec モード

使用する暗号化は AES-GCM-16-256 です。整合性チェック値 (ICV) は 16 バイトです。鍵の長さは 256 ビットです。

使用される IPsec モードは トランスポートモード です。これは、元のパケットの IP ヘッダーに Encapsulated Security Payload (ESP) ヘッダーを追加してパケットデータを暗号化することで、エンドツーエンドの通信を暗号化するモードです。OpenShift Container Platform は現在、Pod 間通信に IPsec Tunnel モード を使用したり、サポートしたりしません。

19.5.3. セキュリティー証明書の生成およびローテーション

Cluster Network Operator (CNO) は、暗号化用に IPsec によって使用される自己署名の X.509 認証局 (CA) を生成します。各ノードの証明書署名要求 (CSR) は、CNO によって自動的に満たされます。

この CA は 10 年間有効です。個別のノード証明書は 5 年間有効で、4 年半が経過すると自動的にローテーションされます。